SSブログ
読書(小説・詩) ブログトップ
前の5件 | -

『モーアシビ 第41号』(白鳥信也:編集、小川三郎・北爪満喜・他) [読書(小説・詩)]

 詩、エッセイ、翻訳小説などを掲載する文芸同人誌、『モーアシビ』第41号をご紹介いたします。


[モーアシビ 第41号 目次]
――――――――――――――――――――――――――――


 『季節を待って』(島野律子)
 『鼓動』(北爪満喜)
 『雲』(小川三郎)
 『PUMA』(森ミキエ)
 『斑の朝』『関数夜』(森岡美喜)
 『さっぴらい』(白鳥信也)

散文

 『北爪満喜詩集『Bridge』 嘘を〈まこと〉にする愛の歳月』(阿部日奈子)
 『バルトの歪んだ大きな真珠~ラトビア・首都リガ』(サトミセキ)
 『送電線下伐採』(平井金司)
 『わが青春の日記(その一)』(清水耕次)
 『風船乗りの汗汗歌日記 その40』(大橋弘)
 
翻訳

 『幻想への挑戦 15』(ヴラジーミル・テンドリャコーフ/内山昭一:翻訳)
――――――――――――――――――――――――――――

 お問い合わせは、編集発行人である白鳥信也さんまで。

白鳥信也
black.bird@nifty.com




――――
眠れなくてぐにゃりとした視界に
小さな苺が実っている
ここでは暮らせない蛇の苺は
誰にも食べられずに
夢の後ろのテールランプ 灯す
ぐにゃりとして
苦しみはにゅるっと
握りしめられずに
指のあいだから逃げていく
しゃがみこんでしまった膝に
草には朝露が輝いて
まだ蕾の仏の座が教えを説く
道には
これから花開くものがいっぱいさ
――――
『鼓動』(北爪満喜)より




――――
蜘蛛の想いというものが
わかってしまうときがある。
家のなかや家の外で
音もさせずに暮す蜘蛛の
ただひとつだけの真実が
私の胸で膨れ上がって
そのまま破裂させてしまうような
そんなときが時折あって
めちゃくちゃになって気が付くと
遠くをながめていたりする。
今まで何を想っていたのか
すっかり判らなくなっていて
きっとまた私はずっと
ここに座って
雲をながめていたのだと思いだす。
――――
『雲』(小川三郎)より




――――
私はPUMA上昇気流に乗る
宇宙から見下ろす地球 大気圏 一層目は皮膚 潤いを取り戻し 二層目は布 汗と熱を吸い込んで 三層目は空気 広大なものへ溶け込んでいく 生から死へ流れる時間 私はまだここにいる PUMA私は疾駆する 骨格と血と筋肉を獲得して この大空は故郷の大陸へと続く Tシャツでは覆いきれない肉体の森林へ つややかな毛並の草原へ シシャモやメザシに未練はない 四肢に力をためると痩せた薄っぺらなカラダに精気が甦ってくる 太陽に向かってジャンプした
――――
『PUMA』(森ミキエ)より




――――
茫々と冷たい風が吹きすさぶそのなかを
沢水をけって狼が走る
木々を猿が飛ぶ
小石の多い乾いた川の
ずっと見えない底を流れる
蝦夷の言葉の記憶だろうか

農道は舗装され
オオバコやスカンポが刈り払われてもなお
呼吸し生きている
さっぴらい
おいのざわ
どこまでも走るがいい
口から口へ
耳から耳へ
流れ続ける響きの川となって
――――
『さっぴらい』(白鳥信也)より





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『Down Beat 18号』(柴田千晶、小川三郎、他) [読書(小説・詩)]

 詩誌『Down Beat』の18号を紹介いたします。


[Down Beat 18号 目次]
――――――――――――――――――――――――――――
『Windowless』(中島悦子)
『おぼえられない』(今鹿仙)
『呼吸』『日課』(小川三郎)
『老いのみきわめ 1・2』(金井雄二)
『うしろの森』(柴田千晶)
『パンプス』『いかれるれいぞうこ』(谷口鳥子)
『狸谷山不動尊』『商売』(廿楽順治)
『出入口管理所』(徳広康代)
――――――――――――――――――――――――――――


お問い合わせは、次のフェイスブックページまで。

  詩誌Down Beat
  https://www.facebook.com/DBPoets




――――
窓がない鶏舎。密度150%の中では、目も見えず、つつき合いもしない。羽ばたくこともできない。すでにそのように品種改良されたということだ。病原性大腸菌症、マイコプラズマ、O78予防のために死ぬ直前まで抗生剤漬けになり、自分が何に生まれたか確かめる術はない。自分の腹の下敷きになって死んだものが、何であったのかも知らない。

しばしば 鶏にすることは人間にもする

――――
『Windowless』(中島悦子)より


――――
真昼の空を
飛行機が真横に飛んでいた。

こんな日は
なにもかもを知らぬふりだ。

幸福がなにかということを
たぶん私は知っている。
――――
『日課』(小川三郎)より


――――
氷はとけてケースの底に固まって
シンクでひっくり返すと四角い皿
暑い夏でした

のっぴきならない顔して
扉の隅のLEDを指差し
か か 火事になる ど どないしょ

カニコロッケ ケーキ キーマカレー
レシピはナイショやって母さん言うからあたし、
どれも作られへん

水だす 手ぇ洗う
角とれ小さくなってる氷の皿 ピキと割、れる うしろで
ぶるぅん うなりだす
――――
『いかれるれいぞうこ』(谷口鳥子)より


――――
水屋

水と言われるものは、いったい何でできているかご存じか。そう口上を述べた後に、決まって男は姿を消してみせた。あ、ご存じない。こりゃまた失礼。あたりは水びたし。懐に銭がないと気づくのは半時もしてからだ。ああやけに喉が渇く。客もわたしもこの文から不本意に消えているが、それも余韻。水というのはつまりはお客さんの隠語でしてね。
――――
『商売』(廿楽順治)より





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ハルハトラム 3号』(現代詩の会:編、北爪満喜、白鳥信也、小川三郎、他) [読書(小説・詩)]

 「現代詩の会」メンバー有志により制作された詩誌『ハルハトラム 3号』(発行:2021年8月)をご紹介いたします。ちなみに既刊の紹介はこちら。


2020年05月03日の日記
『ハルハトラム 2号』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-05-03

2019年07月02日の日記
『ハルハトラム 1号』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2019-07-02


[ハルハトラム 3号 目次]
――――――――――――――――――――――――――――
『共生』(他三編)(水嶋きょうこ)
『この森』(小川三郎)
『ガラスのスカート』(他一篇)(北爪満喜)
『美しい毛並み』(恵矢)
『ちきゅう』(他二篇)(小林礼佳)
『風脚』(佐峰存)
『「表札」』(沢木遥香)
『雨季の間』(島野律子)
『月のシール』(白鳥信也)
『ママのにおい』(橘花美香子)
『何から』(長尾早苗)
――――――――――――――――――――――――――――

 詩誌『ハルハトラム』に関するお問い合わせは、北爪満喜さんまで。

北爪満喜
kz-maki2@dream.jp




――――
水の音が止まらない
庭のフェンスにからむ
つる薔薇の枝が伸びている
どこかで朽ちたひとつの命を枝先に重ね
次の生へと貪欲に
巻きつく先を求めているのか
水の音は激しくなる
隣家の窓のカーテンが揺れた
――――
『共生』(水嶋きょうこ)より全文引用


――――
何処まで見渡してみても山ばかりのここで
あの山の向こうには
何があるだろうなんて
あの雲の中には
なにがあるんだろうなんて
そんなことはもう
考えもしないで
ずっとずっと暮らそうかね。
それがいいね。
霧はどんどん深くなるね。
森も木々も
一緒になって
どんどんどんどん
深くなるね。
――――
『この森』(小川三郎)より


――――
部屋の隅までは見えないけれど
ドールハウスのテーブルのように
小さいテーブルが床にぽつんとあって
その前に前掛けをした小さい義母がいる
食卓を共にし続けてきたけれど
だいぶ前にもう見送っている
そうかお寺の中なので
こうして現れていつもの姿で

部屋には黒い艶やかな大きなピアノがある
その上に何か置こうとしてやめる
私はピアノを弾かないのになぜ
美しいピアノを眺める
あっ これもお寺の中だから
――――
『耳を澄ます』(北爪満喜)より


――――
木漏れ日がまぶしい
新品のスーツを誇らしげに着た私が
自転車で風を切っていた
緑道を抜けて帰路につくと
表札が風を受けて鳴いていた
動くことで自分を表現しようとする私には
表札の鳴き声はなめらかで
私はとてもくるしかった
見知らぬ島の上で日ごと思い出すのは
愛しい人でも大事に育てた花でもなく
あの表札のことだった
――――
『「表札」』(沢木遥香)より


――――
朝になると
洗面器は緑色や黄緑色の何かちいさなものでいっぱいで
水面が見えない
小さなものはコメ粒ほどの虫
無数の虫がびっしりと洗面器の水をおおっているんだ

  兄ちゃんこれなんだ
  ウンカだっちゃ
  ウンカは月のシールを食べに窓の隙間から入ってきたんだっちゃ
  こんなにいっぱいよってたかって

  月のシールはどこにもねえが
  ウンカは水に食べられたんだべ
――――
『月のシール』(白鳥信也)より





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『リトル・グリーンメン 〈MJ-12〉の策謀』(クリストファー・バックリー、青木純子:翻訳) [読書(小説・詩)]

――――
 かくして半世紀前に迷彩処理を施した飛行機がパイ皿状のきらきら光る円盤を尻にくくりつけ、ワシントン州上空を飛行するという形で始まったこの作戦計画は、やがて年間予算を何千万、何億ドルと注ぎこんだ“ブラックな”(要するに“表沙汰にできない”ということ)プログラムへと進化を遂げていった。ところがどっこい、アメリカ国民は飽きっぽかった。すぐさま課題は、いかにして国民の関心を繋ぎ留めておくか、に取って代わった。しばらくすると単に空飛ぶ円盤を目撃させるだけではすまなくなり、〈MJ-12〉はさらに手のこんだ芝居を打つ必要に迫られた。(中略)
 最初のUFO目撃情報があってから五十年以上が経ったいま、世論は盛り上がりを見せていた。アメリカ国民の8割が、政府はエイリアンについて公表した以上の情報を掴んでいると信じていた。さらによくしたことに、ニューメキシコ州ロズウェルでエイリアンが墜落死したという話を信じる国民が3割強もいた。これはかなりの成果である。しかしこれとて献身的な何千もの男女が、その間黙々と、地味で辛い任務をこなしてきたからこそなのだ。
――――
文庫本p.53、61

 合衆国政府の秘密機関〈MJ-12〉は「アメリカ政府はUFOやエイリアンの情報を隠蔽できるほど有能なんだぞ」と仮想敵国および自国民に信じ込ませるために半世紀前に設立された秘密機関である。今や膨大な秘密予算を消化するために〈MJ-12〉の秘密工作員たちは、UFOを飛ばすだけでなく、穀物畑を丸く刈り込んだり、家畜を屠殺して内臓を抜き取ったり、指定された国民を拉致していかがわしいことをしたり、といった地味で辛い任務を黙々とこなしていた。あまりの仕事のつまらなさにキレた一人の工作員が、人気TV番組の超売れっ子パーソナリティをエイリアンアブダクションするよう勝手に指示したことから起こる大騒動。工作員もパーソナリティも暗殺部隊から命を狙われるはめになり、そのころ煽動に乗った三百万人を超えるUFO信者の群れが首都ワシントンを襲撃しようとしていた……。
 『ニコチン・ウォーズ』の著者が、政界・メディア業界・UFOコミュニティを徹底的に茶化した抱腹絶倒のユーモア小説。文庫本(東京創元社)出版は2021年5月、Kindle版配信は2021年5月です。


――――
 拉致実行班とはさっさと縁を切りたかった。
 面白かったのは最初の十数件まで、その後はただの業務に成り下がった。これに携わるようになってすでに二年余り、もはや限界だった。
――――
文庫本p.49


 胸のすくような活躍(合衆国がエイリアンと結んだ密約を手に入れんと暗躍する敵国のエージェントと戦うとか、黒いスーツを着てUFO目撃者の自宅を訪れて脅しつけるとか)を期待して就職したのに、仕事といえば地味な汚れ仕事ばかり。仕事にうんざりした〈MJ-12〉の工作員が自棄になって仕出かした命令違反、何と勝手に人気TV番組の超売れっ子パーソナリティ、ジョン・バニオンをエイリアン・アブダクションの対象として指定したのだ。

 UFOと宇宙人と政府の陰謀について番組でしゃべりまくるようになった彼は、番組を降ろされ、妻からは離縁され、政界財界メディア界の「友人」たちからも見放されてしまう。進退窮まった彼に救いの手を差し伸べたのは、全米のUFO信者たち。あらたに立ち上げたUFO専門番組が大人気となったバニオンは、調子に乗ってUFO信者たちを煽動してワシントン大行進を企画。政府はUFOに関する公聴会を開いて真実を明らかにせよ! 叫びながら連邦議事堂に突入しようとするUFO信者たち。


――――
 どう見ても勝算は大きかった。バニオンは全国のUFO団体を行動に駆り立てた。誰も彼もが憤り、隊列を組んで議事堂前を目指している。推定参加人数はすでに百万を突破。バニオンはメディアを最大限に活用した。単にメディアから注目を浴びるだけでなく、バニオンがメディアを動かした。三大ネットワークのニュースキャスターたちが生中継のためにワシントン入りすることになったのだ。(中略)なにしろ参加人数が推定二百万を突破し、テレビ生中継の視聴者は何千万人にもなると言われているのである。
――――
文庫本p.308、322


 どんどんエスカレートする大騒ぎに、ついにホワイトハウスも動かざるを得ない事態に。


――――
「たまたま見つけたある数字をお耳に入れておきましょう。1947年、ロズウェルにエイリアンが飛来したと信じている国民は、総人口の3分の1以上。また、国民の80パーセントが――いいですか、80パーセントですよ――政府はエイリアンについて何か知っていて、そのことを隠していると思っているんです」
「馬鹿言っちゃいけないよ」
「J.F.ケネディは政府に殺されたと信じて疑わぬ国民が75パーセント。つまり、連中は頭のネジがいささか緩んでいると言ってしまえばそれまでですが、でもそういう人たちが選挙権を持っているわけですから」
――――
文庫本p.313


 事態の引き金をひいた工作員は〈MJ-12〉から命を狙われ、必死で逃亡するうちに、同じくバニオンも暗殺のターゲットとなっていることを知る。全部自分のせいだ(そりゃそうだ)、バニオンを助けなければ。何とかして彼に警告を伝えよう。

 はたして暗殺者の攻撃をかわしつつ全米メディアの注目を集めているバニオンに接触することなど可能なのか。可能だとして、これはすべてインチキなんだ、と告げて信じてもらえるのか。信じてもらえたとして、全米から続々と集結しつつある怒れる群集をどうするのか。事態はもう誰にもコントロールできないところまで暴走しつつあった……。

 というわけで、UFOと宇宙人、というか主にエイリアン・アブダクションをテーマにしたユーモア小説です。大統領からUFOコミュニティの内幕までリアルに描く手際はさすが『ニコチン・ウォーズ』の著者だけのことはあります。登場人物も、オシャレなアブダクティーのための女性誌『コスモスポリタン』の編集者ロズ・ウェルとか、ロズウェル極秘調査チームのマーフルティット大佐とか、エイリアン・アブダクションの専門家バート・ハプキン博士とか、ちょっとUFOまわりに詳しい読者ならニヤリとする人物が次々に登場します。

 そして本書の発表(1999年)から20年ほど後に、元人気テレビ番組司会者による煽動に乗った陰謀論者たちが合衆国議会議事堂を襲撃するという事態が本当に起きてしまったわけです。事実は小説より情けない。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ランチタイムのぶたぶた』(矢崎存美) [読書(小説・詩)]

――――
 いつかこのコロナ禍を抜けたら、太明は本当にごはん友だちを作ろうと思っていた。楽しく静かにごはんを一緒に食べるだけの友だち。一人でいい。話すことも、ごはんのことだけでいい。おいしいねって話すだけの友だち。
 そんな友だちは、夢のようなものに思えるけれども――ぶたぶたが近くにいたら、そうなれそう、と思えるのだ。彼みたいな人は、確かに希有な存在だし、まったく同じ人はいないだろうけど、彼と同じように楽しい人はきっとどこかにいるはず。
 そんな人を探したい。どこにでもごはんを食べに行けるようになったら。
――――
文庫版p.186


 見た目は可愛いぶたのぬいぐるみ、中身は頼りになる中年男。そんな山崎ぶたぶた氏に出会った人々に、ほんの少しの勇気と幸福が訪れる。大好評「ぶたぶたシリーズ」は、そんなハートウォーミングな奇跡の物語。

 最新作は、新型コロナ禍により長期休業に追い込まれ窮地に立たされている飲食店経営者ぶたぶたと、同じく悩み苦しんでいる人々との出会い、そしてその先にある希望を描く7篇を収録した短編集。文庫版(光文社)出版は2021年6月です。

 悩める語り手がたまたま入った飲食店で山崎ぶたぶた氏に出会ったことで解決の糸口や気持ちの整理を手に入れる、というのが「ぶたぶたシリーズ」の定型のひとつです。ところが今回、大いに悩み苦しんでいるのはぶたぶたも同じ。


――――
 今回はすべて今現在のコロナ禍の世界を舞台にした物語です。ぶたぶたは今までたくさん、飲食店を経営してきました(すごいやり手の実業家みたいな言い方ですけど)。現実であったら、彼のお店もこの世界的な災害に否応なく巻き込まれていたに違いないわけです。(中略)
 今回、書いていてそういう方向になっていったということは、私自身の生活がほとんど変わっていなくても、このコロナ禍が自分の現実であるとやっと認識したということかもしれません。現実にぶたぶたがいるとするならば、彼のためにもこの災害を忘れないよう書かねばならなかったと――今では思っています。
――――
「あとがき」より


 いつも読者を救ってくれるぶたぶた。世の中それほど酷いことばかりじゃない、信頼できる人もいるし、自分がそんな人になって誰かを助けることも出来る、と教えてくれるぶたぶた。そのぶたぶたが苦境にあるとき、彼を勇気づけ支えるのは誰か。友人、知人、家族、そして私たち。現実の世界でコロナ禍に悩み苦しんでいるすべての読者のための、勇気と希望と食いしん坊の7篇。


[収録作品]

『寝落ちの神様』
『ぶたにくざんまい』
『助けに来てくれた人』
『ぶたぶたのお弁当』
『相席の思い出』
『さいかいの日』
『日曜日の朝』




『寝落ちの神様』
――――
 一瞬何を言われたのかわからない。お弁当を持ってきて、いきなり「食べてください」とは? なんで?
「俺に?」
「そうです」
 改めて訊くまでもなかった。どうして自分が、こんなぬいぐるみの弁当を食べなくてはならないのだろう。
――――
文庫版p.15

 授業がオンライン化され、クラスメートとのコミュニケーションも何となくうまくゆかず、疎外感に苦しんでいる大学生。生活も乱れ、やつれてゆく彼のところに、小さなピンクのぶたのぬいぐるみが弁当を持ってきて一緒に食べろと言い出す。なにこのメルヘン。ゲーム仲間に教えると「それは「寝落ちの神様」だよ」と言われたのだが……。意外なひとひねりがある作品。


『ぶたにくざんまい』
――――
 すっかり夢中で食べてしまった。半分ほどになった時、お茶を飲んでハッとする。あのぬいぐるみは!?
 奥のテーブルを見ると、ぬいぐるみは豚汁をまた食べていた。というより、もう食べ終わる頃? 唐揚げの皿は空っぽで、パセリすらない。
 自分の食い意地をこんなに悔やんだことはない。こんな機会、多分もうない。ぶたのぬいぐるみが豚肉の唐揚げを食べるところを見るなど――たとえ夢だとしても、こんな変な夢、もう一度見る機会はない。
――――
文庫版p.69

 業務がリモートワークになり、ライチタイムに外食する楽しみが失われて悲しむ在宅食いしん坊。散歩の途中でみかけたピンクのぶたのぬいぐるみのあとをつけてゆくと、何と「ぶたにくざんまい」という料理店に入ってゆくではないか。マジですか。追いかけるようにして店に入ってみたところ……。飲食店経営も危機的、そして食いしん坊も危機的。やっぱりおいしいものを食べるって人を救うよね。


『助けに来てくれた人』
――――
「ぶたぶた、うちに来て!」
「えっ」
「作り方、うちで教えて」
 我ながら名案だ。
 ぶたぶたはちょっとだけ鼻をぷにぷにすると、
「わかった。行くよ」
 と言った。すごい! これで解決!
――――
文庫版p.89

 お母さんが病気で寝込んでいるため、何とか自分でごはんを用意してあげようと決意した幼い子ども。まずはお買い物。だったんだけど途中で出会ったピンクのぶたのぬいぐるみがお弁当の作り方を教えてくれるというので……。はじめての料理に挑む子どもの姿を描く作品。


『ぶたぶたのお弁当』
――――
 もっか聖乃が夢中になっているのは、「あのお弁当を詰めているのは誰か」という妄想だった。ぬいぐるみの家族がいる、というところまで想像はしたのだが、みんな同じような大きさだとやっぱりコンロに手が届かないから、人間と住んでいるのかも、と思い始めている。(中略)
 どっちにしろなんだか楽しそうだな。聖乃は自分の、平凡という言葉でしか言い表せないが、その実あくせく働かなければ気持ちが落ち着かない毎日を思うと、少しため息が出る。ぶたぶたは、見ているだけで楽しそうで、聖乃にも少しそれを分けてもらえる気がしていた。
――――
文庫版p.141

 勤務先のスーパーにやってきた新しいバイトのおじさんは、ピンクのぶたのぬいぐるみ。昼休みにいつも弁当を嬉しそうに食べている彼を見ていると、こちらまで少し楽しくなる。しかしそれにしても、あの弁当は誰が作ってるのだろうか?
 経営している飲食店が休業中で再開の目処も立たないまま家計を支えるためにアルバイトで働く山崎ぶたぶた。それでも決してくじけず、いつもお弁当をごきげんで食べる彼の姿が忘れがたい作品。


『相席の思い出』
――――
 いろいろなところで相席をしたけれども、ぶたぶたとの相席以上に印象に残っているものはなかった。当然とも言えるが。あれ以上、不思議でかわいらしく、そして優しく気さくな常連さんはいない。
 今では相席なんて無理なことになってしまった。袖すり合うも他生の縁、ということで、食べている間のちょっとしたおしゃべりすらなつかしく思うことがあるとは。あの時は考えもしなかった。そうだ、シェアもできないな。あの時は何も気にせずできたけれど、いつかまたできるようになるのだろうか。
――――
文庫版p.184

 出張の楽しみといえば現地の名店で食べる昼食。それにつけても思い出されるのは、ピンクのぶたのぬいぐるみと相席したときのこと。気さくにおしゃべりして、料理を分け合った、楽しい思い出。それもコロナ禍ですべて出来なくなってしまった。あの日、ぶたぶたが経営しているという飲食店に必ず行くと約束したのに、店は今も閉店したまま。いつか再開する日は来るのだろうか?


 以上の五篇はどれから読んでも大丈夫ですが、続く『さいかいの日』と『日曜日の朝』は最後にとっておくことを強くお勧めします。これは希望の物語。どんな災厄にも終わりがあります。本当に大切なものを捨てない限り、その日はおそらく意外に近いのです。





タグ:矢崎存美
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - 読書(小説・詩) ブログトップ