SSブログ
読書(SF) ブログトップ
前の5件 | -

『SFマガジン2021年4月号 小林泰三特集』 [読書(SF)]

 隔月刊SFマガジン2021年4月号は、先日亡くなった小林泰三さんの特集でした。追悼特集、でないところがミソ。1962年生まれ関西出身SF作家たちは「退席した奴の悪口を即座にボロクソいいまくる」という日本SF界の悪しき伝統を受け継いでいるなあ。




『虹色の高速道路』(小林泰三)
――――
「地理で習わへんかったか? ずっと北に進んでいったら、どこへ行くと思う?」
「北極?」
「そや。北極や。そやけど、真の北極点には到達できひん。なんでか言うたら、世界には穴が開いとるからや。北極と南極のとこにある穴の向こう側の世界がペルシダーや。僕らはそこに秘密基地を作ってあるんや」
「なぜ、秘密に?」
「それも秘密や」
――――
SFマガジン2021年4月号p.18

 天文と地理の互いの気を通じさせ世界の回転に潜む理気をこの世に現出させるための儀式を執り行うことになった青年。ところが彼の前に謎の関西弁男が現れて、儀式の設定パラメタを変更してくれへんかと頼んでくる。勢いで笑わせておいて最後にハードSFな世界観を明らかにしてびっくりさせるという作者の得意技が炸裂する短篇。




『きらきらした小路』(小林泰三)
――――
 路はきらきらと輝いていて、とても綺麗だ。路はあちらこちらで複雑に分岐と結合を繰り返し、奇妙な模様を浮かび上がらせている。路のない部分には黒い空間が広がっている。いや。見ようによっては巨大な黒い穴が無数に存在し、その隙間にきらきらとした路が存在しているようにも見えた。
――――
SFマガジン2021年4月号p.27

 安全に動ける路を外れて重力傾斜を下ってみた子供。だが途中の軌道交差により帰還に必要な運動量を失ってしまう。もう仲間のところに帰れないのだろうか。童話風の話でしんみりさせておいて最後にハードSFな世界観を明らかにしてびっくりさせるという作者の得意技が光る短篇。




『時の旅』(小林泰三)
――――
「ええと、『我、松本留五郎はわが子孫に命ずる。タイムマシーンが完成した暁には、それに乗って直ちにこの遺言状が完成した時に出現させること』……なるほど。これを読んだお前の子孫がタイムマシーンをこの時代に出現させるという考えじゃな」
「さすがご隠居はん、ご察しの通りでございます」
「そやけど、こんなことうまいこといかんやろ」
「なんでそう思いなはる?」
「なんで、言うたかて、こんな簡単な方法で、タイムマシーンが手に入る訳ないやろ」
「それは今まで誰もこの方法を思い付かなんだだけと違いますか?」
――――
SFマガジン2021年4月号p.41

 ロハでタイムマシーンを手に入れて大儲けする方法を思い付いた留五郎、協力してもらおうとご隠居のもとにやってくるが……。勢いで笑わせておいて最後にハードSFなアイデアを明らかにしてびっくりさせるだろうという期待を外してあくまで落語としてオチをつける創作落語。





タグ:SFマガジン
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『SFが読みたい! 2021年版』 [読書(SF)]

 ベストSF2020のうち私が読んでいた作品について紹介記事をリストアップしておきます。これから読もうかと思っている方に参考になれば幸いです。


〔ベストSF2020国内篇〕


2020年11月13日の日記
『暗闇にレンズ』(高山羽根子)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-11-13


2020年07月13日の日記
『ワン・モア・ヌーク』(藤井太洋)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-07-13


2020年10月05日の日記
『首里の馬』(高山羽根子)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-10-05


2020年09月08日の日記
『黄色い夜』(宮内悠介)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-09-08




〔ベストSF2020海外篇〕


2020年03月05日の日記
『息吹』(テッド・チャン、大森望:翻訳)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-03-05


2020年10月14日の日記
『三体II 黒暗森林(上)』(劉慈欣:著、大森望・立原透耶・上原かおり・泊功:翻訳)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-10-14


2020年10月23日の日記
『三体II 黒暗森林(下)』(劉慈欣:著、大森望・立原透耶・上原かおり・泊功:翻訳)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-10-23


2020年07月27日の日記
『荒潮』(陳楸帆、中原尚哉:翻訳)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-07-27


2020年02月13日の日記
『茶匠と探偵』(アリエット ド・ボダール、大島豊:翻訳)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-02-13


2020年05月04日の日記
『キャプテン・フューチャー最初の事件』(アレン・スティール、中村融:翻訳)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-05-04


2020年03月16日の日記
『フレドリック・ブラウンSF短編全集2 すべての善きベムが』(フレドリック・ブラウン:著、安原和見:翻訳)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-03-16


2020年02月03日の日記
『雲』(エリック・マコーマック、柴田元幸:翻訳)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-02-03





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『SFマガジン2021年2月号 百合特集2021』(宮澤伊織、他) [読書(SF)]

 隔月刊SFマガジン2021年2月号は、『裏世界ピクニック』TVアニメ化記念ということで二年ぶりの百合特集でした。


『SFファンに贈るWEB小説ガイド 第17回』(柿崎憲)より
――――
 またしても百合特集かSFマガジン……
前回の特集が大ウケしたからといってそんな安直に二匹目のドジョウを狙っていくのはどうかと思いますね僕ぁ……。
――――
SFマガジン2021年2月号p.194




『裏世界ピクニック6 冒頭予告篇』(宮澤伊織)
――――
「ほら! やっぱり変なんですよ、紙越センパイ」
 金髪の彼女の後ろから現れたショートの子が言った。先週末、学食で急に話しかけてきた学生だ。私のことを先輩と呼んでいるけど、心当たりがない。人違いだと言っても理解できないという顔をして、しつこくつきまとって、怖くなって逃げたのだ。
――――
SFマガジン2021年2月号p.11

 かわいいものが好きなごく普通の大学生、紙越空魚。あるとき彼女の周囲で怪異な出来事が続けざまに起きる。見知らぬショートヘアの女性が先輩先輩と馴れ馴れしく話しかけてきたり、謎の金髪美人から親しげに声をかけられたりしたのだ。これはいったい何の罠なのか……。
 TVアニメも好評放映中のヒット作『裏世界ピクニック』、近日発売予定の第6巻、初の長編「Tは寺生まれのT」の冒頭先行掲載。


『回樹』(斜線堂有紀)
――――
 愛しているのか愛していないのか、終わっていいのか未練があるのか。
 回樹は、その全ての疑問を解消してくれる。
 律の中にあったものが愛であったかもしれないことを教えてくれる。
 墓はただの石だ。死体は肉塊だ。魂はお伽噺だ。
 けれど、心は。まだここにある。あるはずだ。
――――
SFマガジン2021年2月号p.48

 「愛」に寄生して繁殖する植物「回樹」。別れようとしていた矢先に恋人を失ってしまった語り手は、回樹の習性を利用してある企てを試みるが……。


『貴女が私を人間にしてくれた』(届木ウカ)
――――
 通常、アイドルとはステージの上やカメラの前でのみ「アイドル」として振る舞い、自宅や日常生活の中では普通の女の子として過ごす。私たち未来アイドルの特徴的な点は「普通の女の子」である時間の存在しない、「二十四時間アイドル」と謳われていることだ。
――――
SFマガジン2021年2月号p.51

 朝起きてから夜寝るまで、生活のすべてをアイドルとして過ごす未来アイドルたち。そんな未来アイドルがあるときバーチャル空間で出会った相手に恋をしてしまう。ティプトリー『接続された女』のバーチャルアイドル版。


『身体を売ること』(小野美由紀)
――――
 一体誰の物語を聞かされているんだろう。目の前にあるのは確かに元のわたしの身体だ。でも今はわたしのものじゃない。わたしが値段をつけて売った。ニナはわたしの身体を手に入れ、偽の物語を生きている。
――――
SFマガジン2021年2月号p.119

 娼婦としてスラム街で悲惨な生活を送っていた語り手は、自分の肉体を富裕層に売って人工義体となる。かつての自分の身体を手に入れた娘を目撃した彼女は、その娘のところに正体を隠して召使としてつかえることにしたが……。女性の身体の自己決定権を扱った印象的な短篇。


『湖底の炎』(櫻木みわ、李琴峰)
――――
 決心するまで、それほど時間はかからなかった――彼女が再び許仙と出会うことが運命づけられている以上、私も人間界に赴き、彼女の傍にいてあげなければならない。千年前の、あの西湖の畔のように。彼女が許仙の生まれ変わりと結ばれてくれれば、私もまた自らの情念を断ち切り、「心無罣礙」の境地に入り、昇天を果たせるのかもしれない。
――――
SFマガジン2021年2月号p.138

 千年前に封じられた白蛇が普通の女に生まれ変わり、何の因果かかつて身を滅ぼす原因となった男の生まれ変わりに恋をしているという。そのことを知った妹弟子は、姉弟子である白蛇への未練を断ち切るために、人間に化けて彼女の友人となり恋を成就させようとするが……。現代日本を舞台にした、中国の古典伝説『白蛇伝』の翻案。


『明日に仕えて』(ネオン・ヤン、中原尚哉:翻訳)
――――
 あなたはもう人ではない。アンシブル。物質とエネルギーを数光年のかなたから歌に乗せて運ぶ者。(中略)あなたは彼女の歌に落ち、彼女はあなたの歌に落ちる。スーチンは目を見開く。二人のあいだに接続ができる。時空を超えるポータルが開く。
――――
SFマガジン2021年2月号p.165、181

 アンシブル。それは歌うことで遠く離れた惑星間で物質やエネルギーの転移を可能にする能力者。アンシブルである語り手は、恋する相手のために、無慈悲な圧政をしく帝国を裏切る決意をする。かつてル=グウィンが描いた、抑圧にたいする解放の象徴としての超光速通信アンシブル(「レズビアン」のアナグラム)を、中華宇宙を舞台に再構成してみせた傑作。


『繊維』(劉慈欣、泊功:翻訳)
――――
「竹きれに穴を空けるというのを知らないのか? 出土したそれ用の青銅製ドリルは、北京の故宮博物館に今も展示されてるよ。そのドリルは中国語で“辞頭”というが、今ではディスク上に読み書きするパーツのことをその名前で呼んでる。周の武霊王が開発した易経ver3.2は何百万行ものコードが書き込んであって、ドリルで穴を空けた竹きれの長さは何千kmにもなるのさ……」
――――
SFマガジン2021年2月号p.298

 空軍のパイロットが飛行中に迷い込んでしまったトワイライトゾーン。そこは様々な多元宇宙の交差点だった。珍しいユーモアSF。作者は『三体』やそのスピンオフ作品にも登場した「古代中国の技術と人海戦術で作られたコンピュータ」というネタが大好きらしく、本作においても、大豆で出来た演算媒体、竹製の累算器、竹簡に記録されるOS、といった馬鹿ネタが炸裂します。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『裏世界ピクニック5 八尺様リバイバル』(宮澤伊織) [読書(SF)]

――――
 仁科鳥子、私のことめちゃめちゃ好きじゃん……。
 いや、わかってた。わかってたけど。本人の口からも言われてたし、今さらだけど。
 もう、なんか、ほんとに。鳥子は私のことが好きなんだ。
 鳥子の目に映る私は、かわいくて、強くて、頼りがいがあって、頭がよくて、放っておけなくて……私が自分で思っているより、すごく魅力的に思えた。
――――
文庫版p.142


 裏世界、あるいは〈ゾーン〉とも呼称される異世界。そこでは人知をこえる超常現象や危険な存在、そして「くねくね」「八尺様」「きさらぎ駅」など様々なネットロア怪異が跳梁している。日常の隙間を通り抜け、未知領域を探索する若い女性二人組〈ストーカー〉コンビの活躍をえがく連作シリーズ、その第5巻。文庫版(早川書房)出版は2020年12月、Kindle版配信は2020年12月です。

 タイトルからも分かる通りストルガツキーの名作『路傍のピクニック』をベースに、ゲーム『S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl』の要素を取り込み、日常の隙間からふと異世界に入り込んで恐ろしい目にあうネット怪談の要素を加え、さらに主人公を若い女性二人組にすることでわくわくする感じと怖さを絶妙にミックスした好評シリーズ『裏世界ピクニック』。

 もともとSFマガジンに連載されたコンタクトテーマSFだったのが、コミック化に伴って「異世界百合ホラー」と称され、やがて「百合ホラー」となり、「百合」となって、ついには故郷たるSFマガジンが「百合特集」を組むことになり、それがまた予約殺到で在庫全滅、発売前なのに版元が緊急重版に踏み切るという事態に陥り、さらにはTVアニメ化され、ジュニア版が出版され、あまりのことに調子に乗ったSFマガジンが再び百合特集を組んだら発売前にまたもや緊急重版(いまここ)。もうストルガツキーやタルコフスキーのことは誰も気にしない。

 ファーストシーズンの4話は前述の通りSFマガジンに連載された後に文庫版第1巻としてまとめられましたが、セカンドシーズン以降は各話ごとに電子書籍として配信。ファイル5から8は文庫版第2巻、ファイル9から11は文庫版第3巻に収録されています。その後もファイル12から15を書き下ろしで収録した文庫版第4巻が昨年末に出版され、年末には裏世界が出るという新たなにっぽんの風物詩。今年もまた無事に第5巻が出版されました。既刊の紹介はこちら。


2017年03月23日の日記
『裏世界ピクニック ふたりの怪異探検ファイル』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2017-03-23

2017年11月30日の日記
『裏世界ピクニック2 果ての浜辺のリゾートナイト』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2017-11-30

2018年12月17日の日記
『裏世界ピクニック3 ヤマノケハイ』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2018-12-17

2019年12月26日の日記
『裏世界ピクニック4 裏世界夜行』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2019-12-26


 というわけで、ファイル16から19を収録した第5巻です。相変わらず怪異に付け狙われているのに、何だか二人でいちゃつくのに忙しい、という感じです。うん。


[収録作品]

『ファイル16 ポンティアナック・ホテル』
『ファイル17 斜め鏡に過去を視る』
『ファイル18 マヨイガにふたりきり』
『ファイル19 八尺様リバイバル』




『ファイル16 ポンティアナック・ホテル』
――――
 裏世界の廃墟のラブホで一夜を明かした際、私たちは世に言うラブホ女子会がどういうものかについて議論を戦わせた。二人とも実際の経験がないので、限りなくどうでもいい、虚無の議論だった。その勢いで、つい私が口走ったのだ。
「こんな廃墟でやるやつじゃない、ほんとのラブホ女子会に行ってやるよ!」
「わかった。じゃあ行こう」
「え? マジで言ってる?」
 というわけで、そういうことになったのだ。
――――
文庫版p.21

 主要キャラクター五人が連れ立ってラブホ女子会で騒ぐ、という二次創作めいた話。ところが空魚は途中から記憶が消えており、どうやらかなりヤバいことをしでかしてしまったらしいのだが……。しばらく読んでなかった読者やはじめての読者も想定したとおぼしき登場人物紹介編。汀、潤巳るな、まで総出演です。


『ファイル17 斜め鏡に過去を視る』
――――
 正直、ちょっと安心したことは否定できない。実は大学ではめちゃめちゃ友達が多くて、明るいキャンパスライフを送っていたりしたらどうしようと密かに心配していたのだ。常日頃から垣間見えていた鳥子の人見知りっぷりからして、まずそんなことはないだろうとは思ったけど、一人でご飯を食べているところを見て、私はほっとしてしまった。
 この子、普段大学でどういう生活してるんだろう。
 出逢ってけっこう経つような気がするけど、鳥子がどんな人間なのか、こういう形で興味を持ったのは、これが初めてかもしれない。
――――
文庫版p.96

 鳥子の通う大学に潜入した空魚は、ひょんなことから表世界と裏世界の間、中間領域に落っこちてしまう。鳥子の協力を得て脱出しようとする過程で、彼女は過去の出来事を鳥子の視点から見ることになる。視点人物でないためこれまでいまひとつよく分からなかった鳥子の内面をちら見する作品。


『ファイル18 マヨイガにふたりきり』
――――
 綺麗すぎるし、整いすぎてる。今まで裏世界で出くわした建造物は、表世界から持ってきてそのまま廃墟化したような場所や、作りかけて変なところで放置した「建物もどき」ばかりだった。この屋敷は違う。どこに目を向けても、メンテナンスが行き届いている。
 他の場所と違って、怪しい様子は何もない。一見、周囲から隔絶された安全地帯のようにすら思える。それなのに落ち着かない。危険を示す兆候はないはずなのに、どうにも居心地が悪い……。
――――
文庫版p.179

 裏世界探検中に出くわした謎の屋敷。人の気配はないのに室内はきれいに整っており、囲炉裏には火がついている。これは古典的なマヨイガに違いない、と気づいた空魚と鳥子は、せっかくだからマヨイガ滞在を堪能するのだったが……。


『ファイル19 八尺様リバイバル』
――――
 小桜が顔を覆って、頭をふるふると振った。
「なんでこうなっちまったんだろうな、あたしの人生……」
「小桜さん?」
「この広い家に一人だけで、来るのは人の気持ちがわからないイカれた女ばかり……」
「猫とか飼うとかどう?」
「あ、お茶でも入れてきましょうか?」
「はあー……」
 深々とため息をついて、小桜が天井を仰いだ。
――――
文庫版p.244

 「ファイル2 八尺様サバイバル」の続編。八尺様にやられて消息をたった肋戸(百合世界とは無縁にストルガツキーの原典に忠実に〈ストーカー〉していたストイックな男)の妻がやってきて、夫から連絡があったので捜索してほしい、と二人に依頼する。ファイル2の現場を再訪した二人の前に、というか背後に、再び八尺様の姿が……。色々と新展開のための仕込みを感じさせる第5巻最終話。





タグ:宮澤伊織
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『フレドリック・ブラウンSF短編全集3 最後の火星人』(フレドリック・ブラウン:著、安原和見:翻訳) [読書(SF)]

――――
 ここでおもしろいエピソードを紹介しておく。猛烈な量の作品を書いていたフレドリック・ブラウンは、アイデアがなくなると、グレイハウンドバスに乗って数週間旅をしてまわることがつねであったという。それは決して、バスの窓から見た人々や風景を題材に使おうとしていたのではない。その逆で、彼はバスの後部座席に陣取り、外界の一切をシャットアウトして、ひたすら脳内の景色を見ていた。描写が最小限だという彼の作品群の特徴はそれと関係している。彼の小説世界は、登場人物の脳内の世界が中心的な位置を占めているのである。
――――
単行本p.363


 奇想天外なアイデア、巧妙なプロット、意外なオチ。
 短編の名手、フレドリック・ブラウンのSF短編を発表年代順に収録した全集、その第三巻。『地獄のハネムーン』『未来世界から来た男』『スポンサーからひとこと』など1950年から1951年に発表された作品が収録されています。単行本(東京創元社)出版は2020年7月、Kindle版配信は2020年7月です。


 子どもの頃、繰り返し繰り返し飽きずに読み返したフレドリック・ブラウンのSF短編。今でもアイデアからオチまですべて憶えているというのも凄いことだけど、それでも今読んでやっぱり面白い、というのが素晴らしい。既刊の紹介はこちら。


2020年03月16日の日記
『フレドリック・ブラウンSF短編全集2 すべての善きベムが』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2020-03-16

2019年07月31日の日記
『フレドリック・ブラウンSF短編全集1 星ねずみ』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2019-07-31


[第三巻 収録作品]

「存在の檻」
「命令遵守」
「フラウンズリー・フロルゲルズ」
「最後の火星人」
「地獄のハネムーン」
「星ねずみ再び」
「六本足の催眠術師」
「未来世界から来た男」
「選ばれた男」
「入れ替わり」
「武器」
「漫画家」
「ドーム」
「スポンサーからひとこと」
「賭事師」
「処刑人」




「地獄のハネムーン」
――――
「この可能性をジュニアに示して――作業仮説としてだ、事実としてではなく。それで、どうしたら確認できるか尋ねてみた。そしたら、夫婦を月に送ってハネムーンを過ごさせたらどうかというんだ。月では違う結果になるか確認してみるわけだな」
「なるほど、わたしはその夫婦を月に送り届ければいいんですね」
「いや、そういうわけじゃないんだ。それよりもう少し、その――」
――――
単行本p.78

 冷戦のさなか、男子がまったく生まれなくなるという全地球的危機が発生。原因を探るために、アメリカ人とロシア人から選ばれた一組の男女が月へ送られる。そこで彼らが目撃したものとは。登場するコンピュータのキャラクターが魅力的で、かなり無茶な設定を楽しく読ませる作品。


「六本足の催眠術師」
――――
「金星ドロガメの防衛手段の話に移ろうか。金星の生物はみなそうだが、この亀にも弱いテレパシー能力がある。そしてこの場合、そのテレパシーは特殊な進化を遂げている。一定の範囲内に近づいてきた生物に対して、一時的な健忘症を引き起こす能力があるんだ。だからその生物は、この亀のこと――つまり亀の存在じたいを忘れ去ってしまう」
――――
単行本p.153

 金星に棲息する珍しい亀。それは自分に近づいた者をテレパシーで攻撃し、金星亀に関する記憶を一時的に失わせる、という特殊能力を持っていた。極めて捕獲が困難なこの生物を、どうしても捕まえなければならなくなった男が思いついた妙案とは。難題に対するたくみな解決策を提示するミステリ風の作品。


「ドーム」
――――
 ひとりで生きるほうが、まったく生きられない――それも恐ろしい死を迎えて――のにくらべればまだましなのだ。
 三十年前、三十七歳のときに彼はそう考えた。六十七歳のいまもその考えは変わらない。自分のしたことに後悔を覚えたことはない。ただの一度も。しかし疲れた。もう百万回も千万回も――それとも一億回か?――考えたことをまた考える。そろそろあのスイッチを切ってもよいころではないだろうか。
――――
単行本p.222

 ついに核戦争が始まった。そのとき、一人の科学者が自宅をバリアで覆って外界から切り離してしまう。バリアを維持するのに必要な電力はわずかだが、いったん切ってしまったら再稼働は事実上無理。それから三十年がたった。外はどうなっているのだろう。人類は滅びてしまったのだろうか。究極の引きこもり作品。ラスト一行の余韻が素晴らしい。


「スポンサーからひとこと」
――――
 まる一秒間、凍りついたような沈黙のあと、やはりラジオから、今度は別の声が言った。
「戦え」
 ひとことだった――たったひとこと。ラジオの言う「スポンサーからひとこと」がほんとうにひとことだったのは、歴史上これ一回きりだったのではないだろうか。
――――
単行本p.235

 東西冷戦のピークのさなか、世界中のラジオから流れた謎のことば。たったひとこと。それが世界の命運を変えてしまう。いっけんささいなアイデアが強烈な効果と忘れがたい印象を残す傑作。個人的にはブラウンのSF短篇というとまずこれを思い出す。


「賭事師」
――――
 息切れがしてきて、喘息もちのようにぜいぜい言いはじめた。容器に手を伸ばしてあけようとした。しかしそうしたら、十三分の一の確率で死ぬのだ。数時間後か、あるいは数分後かもしれない。そう言えば、毒の効きめがどれぐらいで現われるのかも説明されていなかった。
 きみは伸ばした手を引っ込めた。たとえ十三分の一の確率だとしても、じっくり考えもしないうちに死ぬ危険を冒したくはない。
――――
単行本p.287

 地球侵略を狙う異星人と遭遇してしまった男が、自分の命と地球の命運をかけたギャンブルに挑戦するはめになる。酸素が複数の容器に分散保存されており、呼吸を続けるためにはひとつひとつ容器を開けてゆくしかない。しかしどれか一つの容器には猛毒ガスが仕込まれているのだ。生存確率は千分の一。まず絶対に勝てない博打。何か手は、ギャンブル好きの異星人がうっかり見逃したカードはないか。「六本足の催眠術師」と同じく、強引なSF設定からパズルを示しておいて、思いがけない解決策を提示するタイプの作品。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - 読書(SF) ブログトップ