SSブログ
読書(オカルト) ブログトップ
前の5件 | -

『トリックといかさま図鑑 奇術・心霊・超能力・錯誤の歴史』(マシュー・L・トンプキンス、定木大介:翻訳) [読書(オカルト)]

――――
 これまでに多くのマジシャンが、霊能力や超能力者を自称する人々の正体を暴くことにプロとしての充足を感じてきた。いかさま師たちはマジシャンと同じように仕掛けとミスディレクションを利用していながら、自分たちの芸をイリュージョンとは認めず、磁場や霊魂や超能力(ESP)に由来する力のなせるわざだといいつのる。そういう出まかせを暴くために、手の込んだ捏造や詐術が使われたこともあったのは、逆説的というほかない。
――――
単行本p.15


 奇術(マジック)と霊媒、超能力、実験心理学。その長く錯綜した関わり合いの歴史を大量の写真やイラストとともに解説する一冊。単行本(日経ナショナルジオグラフィック社)出版は2020年10月です。


 降霊会の場で「心霊現象」を起こす霊媒、その仕掛けを暴露すべく策略をめぐらす奇術師。執着、対立、相互利用。19世紀からそういった切っても切れない関係を続けてきた奇術とオカルトの長い歴史を様々なビジュアルを使って解説。マジックショーのポスター、降霊術の様子を撮影した写真、様々な奇術用道具、トリックの図解など、めくっているだけでも楽しめます。


――――
 現代の研究者たちは、健康な人間の知覚と記憶と認識に潜むさまざまな偏りが、真にせまったゆるぎないイリュージョンをもたらす仕組みを日々実証している。多くの場合、私たちの心がどのようにしてイリュージョンを生み出せるかという科学的な説明の不思議さは、超自然的な説明とあまり変わらない。
――――
単行本p.15


〔目次〕

第1幕 初期の催眠術と心霊現象
第2幕 マジックの巨匠たち
第3幕 心霊研究家
第4幕 超心理学者
第5幕 錯覚の心理学




第1幕 初期の催眠術と心霊現象
――――
 1848年にフォックス姉妹が世に出たことが、アンドリュー・ジャクソン・デービス予言するところの霊的な大躍進であったかどうかは議論が分かれるところだが、時流に乗ってひと儲けしようともくろむ詐欺師やぺてん師にとって、当時大きなチャンスが存在したことは間違いない。さらに、物理的な現象や実演は心霊主義の1つの側面に過ぎなかった。実演可能な宗教的奇跡というアイデアが、欺瞞や自己欺瞞、詐欺や捏造の温床になったことに議論の余地はない。当時はそのいずれもが、もっと大きく複雑な社会文化的潮流の一部だった。
――――
単行本p.49

 メスメリズムから催眠術へ。心霊主義(スピリチュアリズム)の興隆、降霊会で起きる様々な現象。19世紀後半、目の前で起きる超常現象という神秘に惹きつけられた人々の歴史が語られます。




第2幕 マジックの巨匠たち
――――
 ドイルとフーディーニの関係は、霊媒とマジシャンを隔てる境界がロベール=ウーダンのいうほど明確でないということを、よく表している。実際、霊能者と霊能者の欺瞞を暴く者との境界はあえて曖昧にされることが多かった。
――――
単行本p.103

 偉大な奇術師たちの歴史。そのなかには霊媒のトリックを暴くことに注力した者や、さらにその挙げ句に自身が霊能者としてデビューした奇術師者さえいました。両者の境界がしばしば曖昧で流動的だったことを解説します。




第3幕 心霊研究家
――――
 心霊主義者とマジシャンの対立が続く中、科学者たちは、霊の出現やアポート(引き寄せ)などの物理現象加え、テレパシー(思考伝達)や死後生存の可能性などの問題を客観的に調査するための方法論を確立しようとした。心霊主義的な、あるいは超常的な問題に直面した科学者たちは、良識的な懐疑主義の旗を掲げて共同戦線を張ると思いきや、仲たがいして喧嘩別れすることが多かった。物理世界の観測に長けた科学者も、人間相手の実験となると種々の問題にうまく対処できなかったのだ。
――――
単行本p.108

 ここで科学者たちが登場。心霊現象を科学的に解明しようとする彼らの努力は、奇術師と霊能力者に翻弄され、混乱し、内輪もめに終始することが多かったのです。それはなぜでしょうか。




第4幕 超心理学者
――――
 方法論的な課題やあからさまなぺてんが超常現象の研究を惑乱する状況は、20世紀に入っても変わらなかった。詐欺の告発が絶えなかったことで、初期の霊媒が行ったラップ音やエクトプラズム、石盤書記といったこけおどしは信用されなくなったが、それによって生じた隙間を、新しい現象、といって悪ければ、新しいレッテルが埋めていった。すなわち、超感覚的知覚(ESP)、遠隔視、サイコキネシス(念力)などである。
――――
単行本p.167

 20世紀に入ると、霊媒は超能力者と名前を変え、心霊研究も超心理学となり、ESP研究の方法論は次第に洗練されたものになってゆきました。しかし、それでも超常現象の解明には手が届かなかったのです。




第5幕 錯覚の心理学
――――
 実験心理学は現在、「マジックを科学する」ことにおいて、いわばルネサンスの真っただ中にある。2000年以降、マジックをテーマにした実験科学の論文の総数は、それ以前に発表されたすべての実験研究論文の4倍を超える。(中略)今日、見て、考え、記憶する仕組みを探る新たな手法を開発しようとする人々の、マジックのトリックに対する関心は募る一方だ。それこそ世界中の教室、研究室、学術会議でマジックのトリックが活用されているし、査読付き科学論文の主題にされることも増えてきている。
――――
単行本p.208

 21世紀になると、実験心理学が飛躍的に発展してゆきました。何世代にも渡って奇術師たちが蓄積してきた知識を使って、人間の知覚や記憶には驚くべき偏りがあること、判断や記憶は簡単に操作できること、などが次々と立証されてゆきました。すべての超常現象がこのような実験心理学の成果により説明される日が来るのでしょうか。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『魔法 その歴史と正体』(カート・セリグマン、平田寛・澤井繁男:翻訳) [読書(オカルト)]

――――
 この本の目的は、一般の読者に、西洋文明世界における魔術的な思想と作用とを簡潔に説明することにある。(中略)
 魔術は、主として二つの違った方法で取り扱われてきた。学者たちの専門的な著作は、特殊なタイプ、方面、時代にかぎられており、一般には学術的な読者のために書かれている。ところが一方、党派心のある隠秘論者たちが、真実を特殊な枠にはめこんで狭い体系にねじ曲げるだけで、ほとんど事実にもとづかない考えを解説した、どうかと思われるような出版物が無数にある。ただ少数の著者だけが、魔術に関して一般的読者のために書いている。そして本書は、この最後の部類のものであることがわかっていただけるであろう。
――――
単行本p.5


 古代メソポタミア文明から中世を経て18世紀欧州まで、西洋世界における魔術やオカルトに関する思想史を解説した名著の復刻版。単行本(平凡社)出版は2021年1月、Kindle版配信は2021年1月です。

 1948年に出版されて以来、一般読者向け魔術史書の決定版として広く読み継がれてきた名著です。日本でも1961年に平凡社より世界教養全集の一冊として翻訳されその後のオカルトブームを盛り上げ、1991年には人文書院より完訳版が出版、そして今回、2021年に改めて平凡社から出版された復刻版、それが本書です。

 魔術、魔法、呪術、悪魔、魔女、占い、占星術、錬金術、吸血鬼、怪人、秘密結社、……。驚くほど幅広い話題を簡潔に解説してくれます。それぞれの話題について一般読者にとって必要十分な情報が書かれており、特にオカルトやホラーの文脈で言及されることが多い用語、固有名詞、人名についてもれなく取り上げられているところが嬉しい。200点をこえる図版が収録されており、ページをめくるだけで高揚します。

 700ページ近い大作ですが、むしろこれだけ広い話題についてよくこのページ数にまとめたなあと感心します。世に出回っている西洋魔術解説書の多くが本書をベースにしており、また小説・コミック・アニメなどの娯楽作品に登場する印象的なネーミングや設定の元ネタもだいたい本書で解説されています。そういう意味で、特に西洋魔術史に興味がなくとも、基礎教養として読んでおきたい一冊です。


〔目次〕

メソポタミア
ペルシア
ヘブライ
エジプト
ギリシア
グノーシス説
ローマ帝国
錬金術
中世
悪魔
魔法
悪魔の儀式
七人の肖像
カバラ(ユダヤ教の神秘説)
魔術
改革者たち
一八世紀





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『超能力事件クロニクル』(ASIOS) [読書(オカルト)]

秋山眞人氏インタビューより
――――

――秋山さんは超能力者としてデビューしましたが、宇宙人とのコンタクティーでもあるという立場をほとんど出してこなかったのは、なぜなんですか?

 出したくなかったんです。だって、僕が最初に会った宇宙人ってどこから来ましたかって聞いたら水星から来ましたって言ったんですから。だから出したくないですよ。(中略)


――ASIOSも私(皆神)も超常現象の敵のようによく言われますけど、別に敵のつもりはないんです。確かに信じてはいないかもしれないけど、超常現象は本当に大好きです。(中略)

 僕もこうやって反対の立場の人たちとも対話しようとするから、能力者側からは、よく裏切り者って言われますよ。

――――
単行本p.214、215


 おなじみASIOS(Association for Skeptical Investigation of Supernatural : 超常現象の懐疑的調査のための会)のオカルト謎解き本。その最新刊は、主要な超能力者や予言者について年代ごとにまとめて紹介してくれる、『UFO事件クロニクル』『UMA事件クロニクル』のシリーズ第三弾です。単行本(彩図社)出版は2020年11月。

 これまでのシリーズ紹介はこちら。


2018年07月24日の日記
『UMA事件クロニクル』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2018-07-24


2017年09月07日の日記
『UFO事件クロニクル』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2017-09-07


 有名どころの超能力者や予言者はもちろん、外気功やニューエイジや神秘思想や新興宗教教祖など多彩な人物が取り上げられています。目次は以下の通り。


第1章 1940年代以前の超能力事件
(長南年恵ー女生神、御船千鶴子ー伝説の千里眼、ほか)

第2章 1950、60年代の超能力事件
(L.ロン・ハバードーサイエントロジーの創設者、ブルーノ・グレーニングー奇跡のヒーラー、ほか)

第3章 1970年代の超能力事件
(ニーナ・クラギーナー最強のサイコキネシス、ユリ・ゲラーー不世出の超能力者、ほか)

第4章 1980、90年代の超能力事件
(桐山靖雄ー阿含宗の開祖、外気功ー中国からやってきた神秘の力、ほか)

第5章 2000年代の超能力事件
(ジョー・マクモニーグルー最強の千里眼、ナターシャ・デムキナーX線の目を持つ少女、ほか)


より詳細な目次と内容についてはASIOSのwebページを参照してください。
https://asios.org/psi_chronicle





タグ:ASIOS
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『世界現代怪異事典』(朝里樹) [読書(オカルト)]

――――
 本書『世界現代怪異事典』は、朝里樹氏の前著『日本現代怪異事典』の編纂方針を受け継いで、日本以外の世界各地の巷間で人口に膾炙した奇談・怪異談・噂話・都市伝説を、書籍や新聞・雑誌等の刊行物、テレビ報道、インターネット上等の記録を基として、網羅的な整理を試みた著作である。同様の志で網羅を試みた事典(および事典的雑誌記事)は、昭和以前においてはともかくも、web時代を迎えて以後では初なのではないだろうか。
ここまで徹底的であるという点も、空前にして絶後である。
――――
単行本p.320


『日本現代怪異事典』に続いて、日本を除く各国で語られている怪異を集め、地域ごとに分類して掲載した事典。単行本(笠間書院)出版は2020年6月です。


 まず前作の紹介はこちら。

2018年01月23日の日記
『日本現代怪異事典』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2018-01-23


 本書はその続編というべき事典で、アジア、オセアニア、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、その他、という地域分類で様々な怪異を分類整理しています。怪異の種類も、幽霊、妖精、妖怪、未確認生物、怪人、ネット怪談、ほら話(トール・テール)、さらには鼻歩類や平行植物まで網羅。五十音順、国別、という索引も充実。さらには世界史との対照年表、様々な著者による寄稿なども収録されています。


――――
 そうして現代のわたしたちは、こうした「どこか・かなた」の怪異・怪物の情報に、書籍や雑誌の情報、オカルト番組、まとめサイト等を通じて、時間・空間を超越して並行(スーパーフラット)な形で受容することが常態となっている。そこでは、個々の伝承に固有の文脈――時代や文化、地理的・歴史的な背景――が零れ落ち、キャラクターとしての怪異・怪物だけが知識として流通することになりやすい。それは日本のみならず、web時代を迎えた世界全体で進行している文化状況である。
 時代や地域の文脈を無化して現代・日本の文脈で再解釈するフラットな受け止め方からは、新たな文化が生まれる可能性がある反面、その時代・地域ごとの文脈を踏まえないままでの理解により怪異・怪物を「誤読」する危険性がある。現代世界の怪異・怪物は、ともすればその出自・来歴などの文化的・歴史的背景を意識しないままになりかねない。現代日本のわたしたちが、世界の怪異・怪物を個別の伝承の文脈に置きなおして向き合い、理解するための碇(アンカー)として、ぜひ本書を活用してほしい。
――――
単行本p.328





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ポップ・スピリチュアリティ メディア化された宗教性』(堀江宗正) [読書(オカルト)]

――――
 宗教についても心理学や医学などの知識についても、ある程度は知っているが、それを全面的には支持せず、心や魂の問題を理解して解決するのに使えるものは使うというプラグマティックな意識を持った人々のスピリチュアリティ、その中でも理解しやすく、実践しやすく、人気を基準として選別されたもの、SNS上で人々自身がメディアとなって流通させてゆくもの、本書が扱うのはそのような「ポップ・スピリチュアリティ」の、21世紀に入ってからのテーマ別の動向である。
(中略)
 「宗教」を相対化し、宗教ではないけれど、何か自分にとって大切な価値観を表明し、伝えようとする人々がいる。そのような人々が日々に更新し続けているポップ・スピリチュアリティの世界は、現代的な現象ではあるが、むしろ文字以前の、つまり「宗教」以前の人々の精神生活の有様に近いものであるかもしれない。
――――


 江原啓之、生まれ変わり、パワースポット、そしてアニメに登場する西洋魔術。21世紀の日本において人気があり普及しているスピリチュアルなもの、ポップ・スピリチュアリティについての論説集。単行本(岩波書店)出版は2019年11月です。


〔目次〕

第1章 スピリチュアリティとは何か――概念とその定義
第2章 2000年以後の日本におけるスピリチュアリティ言説
第3章 メディアのなかのスピリチュアル――江原啓之ブームとは何だったのか
第4章 メディアのなかのカリスマ――江原啓之とメディア環境
第5章 スピリチュアルとそのアンチ――江原番組の受容をめぐって
第6章 現代の輪廻転生観――輪廻する〈私〉の物語
第7章 パワースポット現象の歴史――ニューエイジ的スピリチュアリティから神道的スピリチュアリティへ
第8章 パワースポット体験の現象学――現世利益から心理利益へ
第9章 サブカルチャーの魔術師たち――宗教学的知識の消費と共有




第1章 スピリチュアリティとは何か――概念とその定義
――――
 米国では、個人的スピリチュアリティがキリスト教から逸脱することを警戒する傾向がある。とくにキリスト教に代わる新時代がやってくると主張する「ニューエイジ」に対する保守的なキリスト教徒の反発は強い。カトリックの教皇庁はニューエイジ批判の公式文書を出している。それに対して「スピリチュアリティ」という言葉はキリスト教でも使われるために、「ニューエイジ」ほどの抵抗を引き起こさない。一方、キリスト教の衰退の著しい英国では、宗教と距離をとる「ニューエイジ」への抵抗はさほど大きくない。
 日本では「宗教」に対する警戒心の方が強い。このような違いは、スピリチュアリティ言説の展開にどのような影響を与えるだろうか。
――――
単行本p.11


 それはニューエイジ思想や心霊主義とは、そして宗教とは、どのように関連しているのか、いないのか。まずは「スピリチュアリティ」という概念と定義を明らかにし、欧米と日本との違いを浮き彫りにしてゆきます。


第2章 2000年以後の日本におけるスピリチュアリティ言説
――――
 スピリチュアリティ現象は、アイディアとしては英語圏の心理学的思想やニューエイジの輸入というスタイルをとりながら、ポピュラーなレベルで受容される過程で、実質的には伝統回帰と日常生活の保守的な肯定とに変容していった。「癒し」はもともとの自発的治癒力の活性化という意味を離れて、現世利益的な消費行動をうながすキャッチフレーズとなった。知識人の「スピリチュアリティ」概念は「霊」信仰との決別を目指していたが、霊への草の根的な関心とは逆行したため、ポピュラーなものとしては定着せず、マス・メディアでは、逆に霊信仰とポップ心理学と英国スピリチュアリズムの折衷を図った江原的「スピリチュアル」、ポップ・スピリチュアリティに押されていく。
――――
単行本p.37


 トランスパーソナル心理学、トラウマ、アダルト・チルドレン、癒しブーム、オウム事件、心霊ブーム、江原啓之。メディアとの関連のなかで、21世紀日本におけるスピリチュアリティがどのように変遷していたのかを見て行きます。


第3章 メディアのなかのスピリチュアル――江原啓之ブームとは何だったのか
第4章 メディアのなかのカリスマ――江原啓之とメディア環境
第5章 スピリチュアルとそのアンチ――江原番組の受容をめぐって
――――
 超越的な存在や力を前提とする信念や儀礼であっても、「特殊な拘束集団」と関わりがなければ、つまり個人的信念にとどまるものや社会的通念に達したものであれば「宗教」とは呼ばず、許容し、享受するという態度が、メディアを中心に――とくにメディアの影響を受けやすい若者に――定着していると考えられる。
 江原のように、個人相談をおこなわず、教祖になることを自ら避けて、メディアでのみ「スピリチュアル」なことを語り実践するような存在は、このような環境に極めて適応的である。
――――
単行本p.56


 日本で「スピリチュアル」という言葉を普及させるのにもっとも貢献した人物、江原啓之。その言動、メディアにおける扱い、そして視聴者の反応、それぞれの観点から詳しく分析してゆきます。


第6章 現代の輪廻転生観――輪廻する〈私〉の物語
――――
 『ムー』は輪廻の特集に消極的だったし、『ぼくの地球を守って』は、前世共有者を求める投稿のパロディ、後追いである。つまり、メディアは「前世ブーム」の原因ではなく、結果にすぎない。時代的に先行する『幻魔大戦』の影響は否定できないが、単なるフィクションが、なぜ大きな影響を与えたのか。この作品がなければ、前世への関心は起きなかったのか。(中略)どの場合も先行する影響、カウンター・カルチャーや新宗教があり、これらの作品がなくても、別の作品が「きっかけ」を与えただろう。つまり、輪廻転生を受け入れる土壌が、日米で同時に人々の間に育まれていたと考えた方がよい。本書の主題であるポップ・スピリチュアリティの好例と言える。
――――
単行本p.124、125


 生まれ変わり、輪廻転生という考えは、日米でほぼ同時期に広まっていった。それは従来の宗教的概念とはどう違うのか。なぜ定着したのか。現代的輪廻転生観のルーツと展開を探ります。


第7章 パワースポット現象の歴史――ニューエイジ的スピリチュアリティから神道的スピリチュアリティへ
第8章 パワースポット体験の現象学――現世利益から心理利益へ
――――
 パワースポットは、長年来のニューエイジャーにとっては国内に限られるものではないし、神社に限られるものでもない。しかし、2000年代以降は、伊勢神宮や出雲大社のような神道の聖地が「パワースポット」として再発見され、結果的にパワースポット現象はある種の復興に吸収されそうになっている。パワースポットへの関心は個人的スピリチュアリティと伝統回帰の間を揺れ動いており、世俗化(私事化)かポスト世俗の宗教復興/再魔術化かという二項対立図式に収まらない興味深い研究領域を形成している。
――――
単行本p.172


 パワースポットへの関心はどのようにして高まっていったのか。パワースポットとしての神社の再発見、神道的スピリチュアリティの動きは、どこを目指しているのか。日本におけるパワースポットをめぐる言説を追います。


第9章 サブカルチャーの魔術師たち――宗教学的知識の消費と共有
――――
 「魔術」関心層はアニメおよびそれに関連するサブカルチャーに親しんでいる。そこで、テレビアニメのなかで「魔術」および広い意味で「宗教」に関わる語彙が登場する作品にどのような傾向があるかを、2012年から13年の2年に絞って確認した。(中略)
 テレビアニメを取り上げることには調査の戦略上の利点がある。原作がアニメ以外のメディアであるものがほとんどであり、ラノベ、マンガ、ゲームのなかでも人気のある作品がテレビでアニメ化されるため、一定程度のポピュラリティが保証されるという点である。(中略)したがって、アニメを分析するといっても、純粋にアニメだけを取り上げることにはならない。アニメが一つの結節点となっている魔術・宗教的語彙を用いた様々なメディア作品が織りなすサブカルチャーの内容的特徴をすることが可能になるのである。
――――
単行本p.243


 『とある魔術の禁書目録』を中心に、マンガ・アニメ・ゲームに登場する「魔術や宗教に関わる語彙」を分析してゆきます。さらにそれらの用語「事典」の出版ブーム、サブカルチャーの受け手と作り手の境界の曖昧さなど、サブカルチャーの特徴と宗教との関連を考察します。





nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 読書(オカルト) ブログトップ