SSブログ
ダンス ブログトップ
前の5件 | -

『ブルグミュラー25』(近藤良平、斉藤美音子、森下真樹、中村理、中村蓉、堀菜穂) [ダンス]

 2021年9月12日は、夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行って公演を鑑賞しました。芸術監督に就任した近藤良平さんがいろいろ仕掛ける、彩の国さいたま芸術劇場オープンシアター「ダンスのある星に生まれて2021」、その一部として上演された『ブルグミュラー25』です。日本ではピアノの教則本としても知られているブルグミュラー作曲「25の練習曲」を踊る作品です。上演時間は70分ほど。

 2012年11月に神楽坂セッションハウスで初演され、その豪華メンバーで話題となった作品の、なんと初演メンバーが再集結した再演です。あれから十年近く経った今、よくこれだけの人をまた集めたなーと感心します。さいたま芸術劇場の芸術監督というのはやっぱりすごいんだな。


〔キャスト他〕
構成・演出・振付: 近藤良平
ピアノ演奏: 廣澤麻美
出演: 斉藤美音子、森下真樹、中村理、中村蓉、堀菜穂、近藤良平


 ごく短いブルグミュラーの練習曲ひとつひとつに、曲のイメージに合わせたショートコントみたいなダンスを合わせてゆきます。化粧とか買い物とか部活とか、ありがちな日常風景をダンスによって描写する楽しい作品。オチがある作品もあればない作品も、ときには人形劇(スクリーンにリアルタイム撮影映像が投影されたりしてコンドルズ風味)もあり。なお、一部の作品は初演時とはオチが少し変更されています。

 とにかくみんなすごいダンサーさんなので動きは鋭く、流れるように場面転換してゆき、飽きさせません。斉藤美音子さんの正体不明というかある種の妖怪感はさらに研ぎ澄まされているし、森下真樹さんの迫力と謎めいたキュートさもパワーアップしていて、めちゃめちゃ嬉しい。この十年という歳月を、とりあえず棚置きして心から楽しめる貴重な時間でした。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『プラテーロと私 4』(勅使川原三郎、佐東利穂子) [ダンス]

――――
プラテーロはまだ小さいが、毛並みが濃くてなめらか。外がわはとてもふんわりしているので、からだ全体が綿でできていて、中に骨が入っていない、といわれそうなほど。ただ、鏡のような黒い瞳だけが、二匹の黒水晶のかぶと虫みたいに固く光る。
(中略)
 かわいらしくて甘えん坊だ、男の子みたいに、女の子みたいに……けれどもしんは強くてがっしりしている、石のように。日曜日、プラテーロにまたがってわたしが町はずれの路地をとおると、こざっぱりした身なりでぶらぶらやってくる村びとたちが、足をとめてプラテーロをじっと見送る――
 「筋金入りじゃ」
 そのとおり、筋金入りだ。鋼づくり、そして同時に、月の銀いろ。
――――
『プラテーロとわたし』(J.R.ヒメーネス著、長南実:翻訳)より


 2021年9月4日は、夫婦でKARAS APPARATUSに行って佐東利穂子さんの公演を鑑賞しました。勅使川原三郎さんが原作を朗読し、佐東利穂子さんがロバのプラテーロを踊る上演時間一時間ほどの作品です。

 活発でかわいらしく、でも芯はとても強い、ロバのプラテーロを佐東利穂子さんが踊ります。舞台装置はなく、照明だけで、例えば舞台上に井戸を作り出してみせる印象的な演出。佐東利穂子さんのダンスも快活で楽しそうに見えます。ちゃんとロバに見えるところがすごい。蝶を追っているときは本当に蝶を追っているプラテーロに見えますし、「ボール紙のプラテーロ」が登場するシーンでは本当にボール紙で作ったプラテーロがそこに見えるのです。

 後半は魂のダンスになりますが、ここからが凄くて、もう感動に圧倒されます。ごく小さなステージが広大な空間に感じられ、そこにいる儚くも力強いプラテーロを、詩人とともに遠くから見守っている気持ち。心理的になかなか劇場にゆけなくなっている昨今ですが、やはり目の前で踊っているのを見守るという体験は特別なものだと改めて思いました。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『センス・オブ・ワンダー』(山田せつ子、木佐貫邦子、矢内原美邦、ニブロール) [ダンス]

 2021年7月4日は、夫婦でシアターに行ってダンス公演を鑑賞しました。ニブロールの新作公演ですが、なんと矢内原美邦さん自身が踊る、しかもゲストとして山田せつ子さんと木佐貫邦子さんが共演するという、上演時間70分の驚異の公演です。


[キャスト他]

振付・出演: 山田せつ子、木佐貫邦子、矢内原美邦
衣裳: ひびのこづえ
音楽: SKANK/スカンク
映像・美術: 高橋啓祐


 劇場は信頼するとしても交通機関が不安なのでこのところダンス公演鑑賞は控えているのですが、山田せつ子、木佐貫邦子、矢内原美邦の三名が共演、映像と音楽はニブロール、といわれれば観ないわけにもゆかず。

 天井から大量の紙(レポート用紙のサイズ)が糸で吊るされ、巨大な白いクリスマスツリーというか七夕の短冊のようになっています。それが立体的なスクリーンとなって前後から様々な色彩や文字やアニメーション映像(水滴の波紋とか風とか)が投影されるというニブロールらしい仕掛け。映像は紙束を超えて舞台の左右壁面まで広がってゆき、観客を包み込む勢いです。とても綺麗。

 視覚的には、矢内原美邦さんが背負って歩く畳サイズの小道具もインパクトが大きい。マンションの宣伝チラシにありそうな光景(「洗練の高台に、輝くレジデンス」とか、いわゆるマンションポエムが添えられるやつ)をそのまま立体化した箱庭というかジオラマ。

 全体的に薄っぺらさ嘘くささが強く、個人的にはネット広告とかSNSの発言とか、そういうものを連想しました。そうした嘘や頭でっかちを怒りで破壊するように、三人がそれぞれに巨大な存在感を放ちながら踊ります。矢内原美邦さんはハイヒールを履いて激怒の床踏みならし歩き、特に意味のないセリフを繰り返し繰り返し吐きながら踊る、という動きが凄い。三人とも、客席まで吹きつけてくる圧を感じます。客席の照明が明るくなり、舞台上から三人が観客を睨みつけるという最後の演出にはすくみ上がってしまいました。ごめんなさい。





タグ:矢内原美邦
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『ノクターン(夜想曲)』(佐東利穂子) [ダンス]

 2021年6月13日は、夫婦でKARAS APPARATUSに行って佐東利穂子さんのソロ公演を鑑賞しました。2019年の『泉』に続く、佐東利穂子さん自身の振付作品その第二弾です。勅使川原三郎さんは演出・照明を担当。冒頭、奥の壁に投影される光輪が銀河のように壮大に感じられてびっくり。

 『泉』と違って舞台装置は使いません。ショパンのノクターンの一曲一曲をそれぞれダンスとして踊ります。薄暗い照明がつくる夜の気配のなか、肉体が動くときの音や呼吸音も生々しく、妖精や幻想ではなく人間がそこにいて踊っているという存在感がまるで風圧のように感じられます。

 最初から最後まで意思の力みなぎる作品で、観ている方もへとへと。『泉』とはまた印象が異なり、試行錯誤の途中なのかとも思いました。今後、佐東利穂子さんが振付家としてどのような方向に進んでゆくのか楽しみです。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『Free as a Bird』(構成・振付:近藤良平、コンドルズ) [ダンス]

 2021年6月6日は、夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行って、近藤良平ひきいる大人気ダンスカンパニー「コンドルズ」の新作公演を鑑賞しました。毎年、この時期になるとさいたま芸術劇場にやってくる恒例の「毎年初夏の楽しみな行事」(彩の国さいたま芸術劇場プロデューサー談)コンドルズさいたま公演。昨年は新型コロナ禍で中止となったため、二年ぶりのライブ公演ということになります。さいたま芸術劇場大ホールの客席に座って、さあこれからコンドルズの公演、と思っただけですでに感涙。なお上演時間は105分です。

 2017年5月の公演『17's MAP』では、冒頭シーケンスのオチに「文部科学大臣賞受賞おめでとう!」ネタを持ってきたので、今回もたぶんやるよねやるよねと期待していたのですが、やっぱり「次期芸術監督就任おめでとう!」ネタで会場を沸かせました。昔からコンドルズさいたま芸術劇場公演ではご当地ネタが出るというのが伝統なのですが、かつて「芸術監督の蜷川さん、一度くらい僕たちの公演を見にきてください!」という絶叫で笑わせていた頃から思えばずいぶん遠くに来たものだなあと。

 今回は舞台美術が特に素晴らしく、白一色に塗りつぶされた無個性な都市風景(信号機、電柱、郵便ポスト、自転車など)が舞台上に広がります。そこで色々とやらかすわけですが、最後にそこに大きな木と無数の鳥たちが舞い降りてくるシーンの美しさ、と同時に完成した光景が懐かしいLPレコードのジャケットにありがちな絵になるというあたり、感動が止まりません。

 いつもの通りショートコント、影絵芝居、人形劇(今回は焼き鳥)、脱力演劇、カッコイイダンスシーンを織り交ぜ、105分を疾走します。個人的には「木!」に爆笑。振付は全体的にシンプルになっているようで、バリバリ踊る若手とそうでもない古参のバランスをとる狙いがあるのでは、などど感じられました。

 近藤さんのソロはとにかく感動的。しびれます。ユーミンで踊る近藤良平を見よ。

 というわけで、毎回確実に楽しめる、期待を裏切らない安心感のさいたまコンドルズ公演。来年も楽しみです。





タグ:近藤良平
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の5件 | - ダンス ブログトップ