SSブログ
ダンス ブログトップ
前の5件 | -

『大塚直哉レクチャー・コンサート オルガンとチェンバロで聴き比べるバッハの“平均律” Vol.5「フーガの身体性」』(大塚直哉、小㞍健太) [ダンス]

 2021年2月14日は、夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行って公演を鑑賞しました。古楽器演奏者である大塚直哉さんによるレクチャーと演奏、そしてゲストの小尻健太さんが踊る上演時間130分(休憩20分を含む)のコンサートです。


[キャスト他]

チェンバロ/ポジティフ・オルガン演奏、レクチャー: 大塚直哉
ダンス: 小尻健太


 『大塚直哉レクチャー・コンサート オルガンとチェンバロで聴き比べるバッハの“平均律”』は2018年から続いているシリーズで、大塚直哉さんがバッハの平均律クラヴィーア曲集から数曲を取り上げ、それぞれチェンバロとオルガンで弾き比べつつ、様々な側面から解説します。

 第5回のテーマは「フーガの身体性」ということで、フーガの主題は“歌”をイメージしているだけでなく“身体の動き”を表現しているものもある、ということを解説してくれます。そして、チェンバロとオルガンで演奏した後、小尻健太さんがダンスで共演する。つまり身体の動きを表現した曲想をダンサーが実際に身体で“演奏”するわけです。

 とはいえ私たちにとってはあくまで小尻健太さんのソロダンス公演。小尻健太さんのダンスを、解像度の高い精微な動きを、至近距離で観ることが出来ました。複数パート(声部)を表現するのに照明による複数の自分の影を利用する、舞台上の移動により楽譜の進行を表現するなど、バッハの音楽をダンスに“翻訳”する試みが見事。

 アンコールでゴルトベルク変奏曲を踊ったときにはパワーあふれるかっこいいダンスを披露してくれたので、ああ本編では演奏と解説を邪魔しないよう理知的で控えめな振付にしたのかー、とか思いました。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『不確かなロマンス ―もう一人のオーランドー』(フランソワ・シェニョー、ニノ・レネ) [ダンス]

 2020年12月19日は夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行ってフランソワ・シェニョーの来日公演を鑑賞しました。四名の演奏家による古楽器演奏とともにフランソワ・シェニョーが踊り、歌う、70分の公演です。


[キャスト他]

コンセプト・音楽監督・演出: ニノ・レネ
振付・出演(ダンス、歌唱): フランソワ・シェニョー
演奏: 
バンドネオン: ジャン=バティスト・アンリ
パーカッション: ペレ・オリヴェ
ヴィオラ・ダ・ガンバ: フランソワ・ジュベール=カイエ
テオルボ・バロックギター: ダニエル・ザピコ


 まず何より、この危機的状況下で彩の国さいたま芸術劇場における一回限りの公演(当初は三回公演の予定でした)を実現してくれた関係者の努力に感謝します。もう無理だろうと思っていたので、実際に大ホールの座席に座ったときにはそれだけで涙が出そうな気持ちでした。

 まず古楽器の演奏が素晴らしかったです。バロックギターの響き、バンドネオンの躍動、パーカッションが作りだす音響風景、どれも初めて体験で、ちょっとびびりました。

 そしてフランソワ・シェニョーのダンスと歌唱がそれをもしのぐ初めて体験、というかひたすら衝撃的。バレエ、モダンダンス、フラメンコなど様々な舞踊を踊り、踊りながら男性声も女性声も自由自在に使って歌う姿には畏怖の念を覚えます。竹馬、ポワント、ハイヒール、といった文化、伝統、そして女性抑圧の象徴、を駆使した演出も印象的です。

 今年はほとんどダンス公演を観ることが出来なかったのですが、最後にこの舞台を観ることが出来たことは救いとなりました。ありがとう。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『Knife』(小野寺修二) [ダンス]

 2020年12月6日は夫婦でKAAT神奈川芸術劇場に行って小野寺修二さんの新作を鑑賞しました。小野寺さんを含む8名が踊る70分の公演です。

[キャスト他]

演出: 小野寺修二
出演: 大庭裕介、梶原暁子、崎山莉奈、雫境、藤田桃子、ミン・ヌヴァン、リウ・ジュイチュー、小野寺修二

 もともと11月に予定していた(私は11月28日のチケットを購入)のが諸事情により延期になり、改めて12月に開催されたという不屈の公演です。調整など延期開催に尽力なさった方々に感謝します。

 小野寺修二さんの作品としては、『WITHOUT SIGNAL!(信号がない!)』に続く多国籍公演です。ベトナムからミン・ヌヴァン、台湾からリウ・ジュイチューが出演しています。ちなみに『WITHOUT SIGNAL!』の紹介はこちら。

2017年10月02日の日記
『WITHOUT SIGNAL!(信号がない!)』
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2017-10-02


 今作も特定のストーリーはなく、人と人との間に一線が引かれる、排除されるべきメンバーが選ばれる、というイメージに覆われています。テーマも陰鬱なところがありますが、全体的にホラーの雰囲気が支配的。照明も赤が多用されるし。

 これまでの作品では「不条理な目にあってあたふたする」という姿がユーモラスに見えることも多かったのですが、今回はやたらと怖い感じが続きます。おそらく世相を反映しているのでしょう。





タグ:小野寺修二
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『PAP PA-LA PARK ぱっぱらぱーく』(かえるP) [ダンス]

 2020年12月5日は、夫婦で吉祥寺シアターに行ってかえるP(大園康司、橋本規靖)の公園/公演を鑑賞しました。

 劇場の1F座席を全部とっぱずして、床に色々と描いたり、滑り台や謎の木を置いたりして、そこに「公園」を作り出すというちからわざ。観客は自由に歩き回って好きなように楽しむ、だって公園だもの、というコンセプトです。

 ぱっぱら公園が開放されている時間は2時間。そのうち45分がかえるPによるダンス公演です。公園でいきなりパフォーマンス始める変なおっさん二人組、という感じですか。

 ベンチに腰掛けてスナック菓子をぽりぽり喰う人。競歩の訓練がんばる人。太極拳の型を練習する人。取っ組み合いの喧嘩をする子供たち。公園で見かける風景あるある、が展開します。

 せっかく真剣な顔つきで太極拳の演舞を練習していた二人が、かえるP名物とっくみあい喧嘩を始めるわけですが、ぜんぜん太極拳のスタイルを使わず、ばたばたガキノケンカをやるのが妙に可笑しい。

 公園ということで親子連れの姿が目立ち、終始ほのぼのとした雰囲気でした。でも親の多くはダンサーさんなんですよね。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『ビリティスの歌』(勅使川原三郎、佐東利穂子) [ダンス]

――
 おお、ここに ひとり悲しく。若人に かへりみられず、年老いた人も 妾を忘れ果て。あはれ この世のならひかな。けれども 妾の詠む詩は、いつかは人に知られよう、人の子の子に知られよう。
 ミルタレ、タイス、グリケラも、豊かな頬の蹙む日に、わが身を語りはせぬだらう。されば後の世に生れ 恋を語らふ人々は、妾の詩を 諸声に 高く歌はう。
――
鈴木信太郎:翻訳
『ビリチスの歌』(ピエール・ルイス)より


 2020年11月22日は、夫婦でKARAS APPARATUSに行って勅使川原三郎さんの公演を鑑賞しました。勅使川原さんと佐東さんが踊る上演時間一時間ほどの作品です。

 アップデートダンスのシリーズには、文学を題材にした作品、音楽を題材にした作品、がそれぞれありますが、今回はその両方を合わせたような作品になっています。ピエール・ルイス『ビリティスの歌』を題材にしたドビュッシーの楽曲と、佐東利穂子さんによるテキスト朗読を背景にして、二人が踊ります。

 佐東利穂子さんが様々な歳のビリティスを踊り、勅使川原三郎さんがその他いろいろ、つまり恋の相手、ライバル、背景、運命などをすべて担当します。

 赤い照明を多用することで官能的な雰囲気を盛り上げる演出が印象的。勅使川原さんの黒い女装もばっちり似合っているし。なんとなく二人とも楽しそうに踊っているように感じられました。というより見ていて楽しい。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の5件 | - ダンス ブログトップ