SSブログ

『リバー・ワールド』(川合大祐) [読書(小説・詩)]

――――
ただの句じゃねえか脚立はただの句じゃ
――――
あばばばばバカSFに母音あり
――――
寺のうえUFO群れたあとに闇
――――
明晰夢世界各地に生卵
――――
手鏡が雑に割られる本能寺
――――
魔女走るめざすは鹿の後頭部
――――
孤独死のたびたび起こる相撲部屋
――――
トマト屋がトマトを売っている 泣けよ
――――


 てっきりフィリップ・ホセ・ファーマーかと思ったら「川柳」の英訳。言葉と言葉のとてつもない落差が生む衝撃と脱力の第二句集。単行本(書肆侃侃房)出版は2021年4月です。


 まずは前作の紹介から。

2018年08月07日の日記
『スロー・リバー』(川合大祐)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2018-08-07



 そしてますます勢力を増して今夜半過ぎに関東甲信越地方に上陸の恐れがあるパワフルな作品を見てほしい。


――――
ただの句じゃねえか脚立はただの句じゃ
――――
あばばばばバカSFに母音あり
――――
魂が切断されたバとカボン
――――
狂ったかコロッケそばのケを写す
――――
以下略の(以下を略したので)うどん
――――
作中句〈の作中句の〉作中句
――――
(深槽の(心理の中の(志村の)))し
――――
邦画の魔田田田田口田田日田田田
――――
誤字さえ無かった
――――
「山本リンダ」
――――
今そこでこの川柳は終わりです。
――――


 続いて個人的趣味でオカルトネタ作品を。


――――
無理のない範囲でおまえ落武者に
――――
寺のうえUFO群れたあとに闇
――――
異人論くるしい時の雪男
――――
宿題が終わってしまうナスカの絵
――――
古池のぜんぶと共にムー沈む
――――
無をおそれつつ学研に出す葉書
――――
コーラ振る偽史専門の書店にて
――――
明晰夢世界各地に生卵
――――


 SFっぽい単語と日常的単語の出会いが生む脱力感も強力です。


――――
少年にメロンを渡す地底基地
――――
河豚売りへ秘密基地でのラリアート
――――
ふたり降り空中都市が二ミリ浮く
――――
宇宙軍司令の家の木彫り熊
――――
蠅を追う軌道エレベーターあけて
――――
月基地の通信室で蠅死ねり
――――
紳士服冥王星の避難所に
――――
鳥そぼろ銀河支店にばらまかれ
――――
航宙士日記にずっとそぼろ丼
――――
菜温しワープ航法したあとも
――――
プリン消えひとりとひとり深宇宙
――――
地球圏ほろびたあとのえかきうた
――――


 声に出して読むと愛と勇気と感動とそうでもないものが湧いてくる傑作の数々。


――――
男たち永谷園へ続く道
――――
ゲーセンに天動説の巫女ばかり
――――
手鏡が雑に割られる本能寺
――――
魔女走るめざすは鹿の後頭部
――――
孤独死のたびたび起こる相撲部屋
――――
トマト屋がトマトを売っている 泣けよ
――――
白樺派バールのようなもの床に
――――
覆るビデオ判定村祭り
――――
金網にずっと電気のある暮らし
――――
現場にはスーパーボール跳ねており
――――
想像の限界値まで人を埋め
――――
ひどい恋移動手段が三輪車
――――
消火器で殴られている春寒し
――――
守るべき姫がふやしてゆくゾンビ
――――
ハンバーグ多発地帯の土佐暮れる
――――





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『2010年代海外SF傑作選』(テッド・チャン、ケン・リュウ、橋本輝幸:編) [読書(SF)]

――――
 現代においては、消費や読書といった個人の行動も日々ささやかに善行を積むチャンス、あるいは未来へ捧げる祈りなのかもしれない。つまり私の結論は、変わったのはSFではなく、個人の姿勢ではないかというものだ。それもまた時代と共に変わっていくのだろう。
――――
文庫版p.461


 中国をはじめとする非英語圏SFが注目されるなか、世界SFはどのように可視化され、何を目指したのか。2010年代を代表する海外SF作家たちの翻訳作品11編を収録したアンソロジー。文庫版(早川書房)出版は2020年12月です。


【収録作品】

『火炎病』(ピーター・トライアス)
『乾坤と亜力』(郝景芳)
『ロボットとカラスがイーストセントルイスを救った話』(アナリー・ニューイッツ)
『内臓感覚』(ピーター・ワッツ)
『プログラム可能物質の時代における飢餓の未来』(サム・J・ミラー)
『OPEN』(チャールズ・ユウ)
『良い狩りを』(ケン・リュウ)
『果てしない別れ』(陳楸帆)
『“ "』(チャイナ・ミエヴィル)
『ジャガンナート――世界の主』(カリン・ティドベック)
『ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル』(テッド・チャン)




『ロボットとカラスがイーストセントルイスを救った話』(アナリー・ニューイッツ)
――――
 翌朝、3カッがやってきた。ロボットは限られた語彙を駆使して、わかってもらえるよう努力をしなければならなかった。「集合、必要。死ニカケ、敵、見ツケル」
「敵?」3カッは頭をかいた。
「人間ノ敵」ロボットは白状した。それから、いいことを思いついた。「敵、人間死ナセル。人間死ヌト、餌、減ル」
 カラス語の文法はめちゃめちゃだったが、3カッにはわかってもらえたとロボットは考えた。加えて、カラスたちはしばしば、大集合をする口実を歓迎していた。
――――
文庫版p.76

 疫病のパンデミックにより崩壊しつつある未来。野良の医療検査ロボットが新たな変異株を発見する。蔓延する前に対処しなければならない。人の助けを得られないロボットは、一羽のカラスに協力を依頼するが……。寓話のような楽しい物語だが、今読むとちよっとキツいものが。


『内臓感覚』(ピーター・ワッツ)
――――
「ディープラーニング・ネットワークに関するあれこれは――不透明なの。レイヤーの数が多すぎる。膨大なデータ・セットを使って訓練して、いつも正しい答えを出してくるように見えるけど、どうやってその答えにたどり着いたのか、正確なところは誰にもわからない」
「で、アルゴリズムはおれに、誰かの食品保存容器の中にうんこをしろって言うわけか。そうすればグーグルのロゴがどうしていきなりおれを暴力的にするのか説明が……」
 ハンコックは両手を広げた。「正直、わたしにもわからない。アルゴリズムは理由を教えてくれないから」
――――
文庫版p.101

 相次ぐ衝動的な暴力事件。なぜ普通の市民がいきなり狂暴化するのか。現場には共通するものがあった。グーグルのロゴマークだ。ビッグデータ解析と機械学習によって人間の行動パターンを正確に予想するのみならず、予想外の方法で人間の心や感情をコントロールするようになったグーグルのアルゴリズム。意識も主観も持たないアルゴリズムによって支配される現代の不安を描く短編。


『OPEN』(チャールズ・ユウ:著、円城塔:翻訳)
――――
 二人きりのときに、さも親密なように振る舞うのはなんていうか、つくりごとみたいな感じがした。そういう設定のように思えた。まるで、誰も観客のいない劇場に立つ役者みたいで、僕はまだ、与えられたキャラクターを演じようと言ってるのに、彼女の方ではもうつきあえないって感じ。向こう側の誰か僕らが、こっちまで僕らについてきていた。僕らは僕らでいるために僕らのための観客が必要だった。「僕ら」でいるために。
――――
文庫版p.158

 さしたる理由もなく突然開いた並行世界への扉。開いたその向こうには、やっぱり僕たちがいた。他者との関係から現実感あるいは当事者意識のようなものが失われてしまう、誰もが感じたことのあるあの感覚を「並行世界の自分たちとの交流」として描く、いかにもチャールズ・ユウらしい作品。


『良い狩りを』(ケン・リュウ)
――――
 ぼくは身震いした。彼女がなにを言わんとしたのかわかったのだ。古い魔法が戻ってきたが、変化していた――毛皮と肉ではなく、金属と炎の魔法だった。(中略)
 鋼索鉄道の線路伝いに艶が駆けていくところをぼくは思い描いた。疲れを知らぬエンジンが回転数を上げ、ヴィクトリア・ピークの頂上めがけて駆け上がっていく。過去のように魔法で満ちあふれた未来に向かって駆けていくのだ。
――――
文庫版p.202

 かつて見習いの妖怪退治師だった主人公は、美しい妖狐の娘、艶と出会う。奇妙な友情で結ばれた二人だったが、やがて時代は変わり、古い呪術や魔法は衰退してしまう。今や腕利きのエンジニアとなり、蒸気機関、機械工学、サイバネティクスといった新しい「魔法」を習得した主人公は、再会した艶の望みを、その力でかなえてやろうとするのだった。世界の変容と魂の再生を感動的に描いた短篇で、ごく短い枚数で聊斎志異の世界からスチームパンクへとスムーズに移行させる手際が素晴らしい。


『“ "』(チャイナ・ミエヴィル)
――――
 彼らの中には、完全な〈虚無〉がわれわれの認識する方法とまったく異なる進化をしてきたのではないかと考える者もいる(「エキゾチック主義者」と呼ばれる)。あるいは、実体のない鏡としてわれわれの親しんでいる世界を映しているのであり、〈無〉から成る植物やバクテリアや菌類や、あらゆる動物が存在し、互いに捕食しては再生して、〈虚空〉の生態系の中であふれかえっているのだという(これは「反映論」と呼ばれる)。
――――
文庫版p.250

 “ "は〈不在〉生態系のなかで進化してきた〈無〉から構成される生物である。ドーナツの中心部に見つかることもある。架空の生物学をもっともらしく解説するボルヘス調の短編。


『ジャガンナート――世界の主』(カリン・ティドベック)
――――
「わしらの世界が駄目になったとき、マザーがわしらを受け入れてくれた。マザーはわしらの守り手、わしらのふるさとだ。わしらはマザーの協力者であり、最愛の子供たちなのだよ」
――――
文庫版p.256

 「マザー」と呼ばれている巨大なムカデ型バイオメカノイドの体内に共棲している人類の末裔。そこで生まれた一人の少女は、粘液のなかで消化器官の一部として働いていた。しかし、マザーに異変が起きたとき、彼女は外界を目指す旅に出ることに。生物都市というか、内臓版『地球の長い午後』、ジュブナイル版『皆勤の徒』というか。私たちからは悲惨に思える世界と状況のなかで、精一杯サバイブする子供たちの姿を描いた短篇。


『ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル』(テッド・チャン)
――――
 経験は最上の教師であるばかりか、唯一の教師でもある。もしアナがジャックスを育てることでなにか学んだとすれば、それは、近道などないということだ。この世界で20年生きてきたことから生まれる常識を植えつけようとすれば、その仕事には20年かかる。それより短い時間で、それと同等の発見的教授方法をまとめることはできない。経験をアルゴリズム的に圧縮することはできない。
――――
文庫版p.439


 経験によって学び、成長してゆくAI。仮想ペットとして売り出されたAIの知能は、何年もかけて人間と交流することで、子供に匹敵するまでに育ってゆく。しかし売れ行きは頭打ちとなり、開発元によるサポートは打ち切られ、AIが走るインフラ仮想空間も時代遅れになって見捨てられる。長年かけて大切に育ててきた「子供」を簡単に廃棄することなど出来ないユーザたちは、彼らを最新インフラ上に「移植」するプロジェクトに期待するが、それには多額の資金が必要だった。

「真に自己学習するAIが登場すれば、それはコンピュータ時間で超高速学習を継続するため、ごく短期間に人類を越えるまで知能を高め続けるだろう」という、いわゆるシンギュラリティ論の前提に異議をとなえ、経験から学ぶこと、AIに対する人間の愛情、そしてAIとの交流が人間を変えてゆくことについて、様々なエピソードを通じて思弁する作品。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『地磁気逆転と「チバニアン」 地球の磁場は、なぜ逆転するのか』(菅沼悠介) [読書(サイエンス)]

――――
 驚くべきことに、地球の磁場(地磁気)が180度ひっくり返るという現象が過去に何度も起きてきたのです。そして、いちばん最近に起きた地磁気逆転の証拠が、まさにチバニアン誕生の舞台となった地層、千葉セクションから見つかったのです。(中略)
 一般には知られていませんが、過去200年ほどの間、地磁気の強さは低下し続けています。この傾向がさらに続けば、地磁気逆転に向かう可能性もあるのです。我々にとって重要な地磁気が、もしいま逆転をしたらどのような事態が起こるのでしょうか? 現代の文明社会は、存亡の危機を迎えてしまうのでしょうか? 科学者たちの研究の積み重ねによって、少しずつ、でも着実に、その謎の解明に近づいています。
――――
単行本p.5、6


 観測が始まってから、一貫して弱まり続けている地球磁場。このまま近い将来に地磁気逆転が起きるのだろうか。謎を解くためのカギとなるのが、最も直近に起こった地磁気逆転のデータが残されている千葉セクションだ。新たな地質年代「チバニアン」の命名元となった千葉セクションに残された記録から地磁気逆転のメカニズムに迫る研究者の姿を紹介するサイエンス本。単行本(講談社)出版は2020年3月、Kindle版配信は2020年3月です。


――――
 千葉セクションが前期-中期更新世境界GSSPとして認定されたことにより、千葉セクションは文字どおり世界標準の地層となりました。
 今後は、世界中の研究者が、地磁気逆転や気候変動の研究のために千葉セクションを訪れることになるでしょう。
――――
単行本p.239


〈目次〉

第1章 磁石が指す先には ――磁石と地磁気の発見
第2章 地磁気の起源 ――なぜ地球には磁場が存在するのか
第3章 地磁気逆転の発見 ――世界の常識を覆した学説
第4章 変動する地磁気 ――逆転の「前兆」はつかめるか
第5章 宇宙からの手紙 ――それが、謎を解くヒントだった
第6章 地磁気逆転の謎は解けるのか ――なぜ起きるのか、次はいつか
第7章 地磁気逆転とチバニアン ――その地層が、地球史に名を刻むまで



第1章 磁石が指す先には ――磁石と地磁気の発見
第2章 地磁気の起源 ――なぜ地球には磁場が存在するのか
第3章 地磁気逆転の発見 ――世界の常識を覆した学説
――――
 こうして「地磁気逆転」は、溶岩、海洋底の地磁気異常、そして海底堆積物のすべてから明確な証拠が見出されることによって、その存在が確認されました。また、地磁気逆転の存在は、同時に海洋底拡大説が正しいことも示しており、これらの成果を統一的にまとめることで、このあと「プレートテクトニクス」が成立していくことになります。
――――
単行本p.101

 地磁気の発見からその生成メカニズムの解明、そして地磁気逆転現象の証明とプレートテクトニクス理論の完成に至る歴史を解説します。


第4章 変動する地磁気 ――逆転の「前兆」はつかめるか
第5章 宇宙からの手紙 ――それが、謎を解くヒントだった
――――
 古くから、地磁気逆転と生命の進化や絶滅の関係については、さまざまな仮説が提唱されてきました。しかし、両者になんらかの関係性があることを証明した研究は今のところありません。それは、もしかすると、地磁気逆転、もしくは生命の絶滅・進化の年代測定精度が十分でなかったことが理由かもしれません。一方、地磁気エクスカーションについては、ごく最近になって興味深いデータが報告されています。(中略)
 最新の年代測定によると、ネアンデルタール人の絶滅は約4万1000~3万9000年前と推定されていますが、この絶滅のタイミングが、まさにラシャン・エクスカーションの最盛期と一致するというのです。
――――
単行本p.132

 宇宙線と地磁気、年代測定技術の進歩、そして地磁気と生命進化の関係など、地磁気変動にかかわる様々なトピックを解説します。


第6章 地磁気逆転の謎は解けるのか ――なぜ起きるのか、次はいつか
第7章 地磁気逆転とチバニアン ――その地層が、地球史に名を刻むまで――――
 まず、海底堆積物のベリリウム10から示された松山-ブルン境界年代の修正について、氷床コアや、火山灰に含まれるジルコン粒の放射年代測定など、最新の分析によって証明されていく過程を紹介しましょう。そして、その結果から明らかになってきた地磁気逆転の全容も含めて、地磁気逆転に前兆現象はあるのか、そして地磁気が逆転したとき、この地球はどうなってしまうのか、そもそもなぜ地球の磁場は逆転するのか――、地球科学最大の謎ともいえるこのテーマについて、最新の研究成果も紹介しながら追ってみたいと思います。
――――
単行本p.182

 地磁気逆転についてどこまで分かっているのか、そして千葉セクションの地層から何が読み取れるのか。最新の研究成果をまとめます。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『あの人と短歌』(穂村弘) [読書(随筆)]

――――
 おかげで作家、詩人、俳人、漫画家、モデル、翻訳家、ブックデザイナー、ミュージシャンなど、さまざまなジャンルで活躍中の方々に出会うことができた。現代の短歌について、近代の詩歌について、万葉集について、うた合わせについて、昭和天皇の御製について、それぞれの方の視点からお話が伺えて嬉しかった。本書のどの頁からでも開いて貰えれば、その魅力をわかっていただけると思う。「短歌は面白いですよ」といくら口で云っても信じる人はいないだろう。本当に面白がっている人がいるということ、その人がこんなにも魅力的だということ、それだけが証になり得るのだ。
――――
「あとがき」より


 作家やミュージシャンなど様々なゲストと歌人の穂村弘さんが短歌をテーマに語りあった対談集。単行本(NHK出版)出版は2020年12月、Kindle版配信は2020年12月です。


〈対談相手〉

北村薫(作家)
酒井順子(エッセイスト)
三浦しをん(作家)
清家雪子(漫画家)
高原英理(小説家)
知花くらら(モデル・女優)
金原瑞人(翻訳家)
文月悠光(詩人)
鳥居(歌人)
朝吹真理子(小説家)
小澤實(俳人)
保阪正康(ノンフィクション作家)
里中満智子(マンガ家)
吉澤嘉代子(シンガーソングライター)
名久井直子(ブックデザイナー)
俵万智(歌人)




 短歌の内容には作者の実体験が反映されてなければいけないのか。
 短歌の題材に流行というのはどのくらいあるのか。
 文語や韻文の要素が廃れてきているのはなぜか。
 詠われないテーマはあるか。あるなら、なぜか。
 究極の一首、が存在するか。あるいは存在すると信じているか。


 さすが『NHK短歌』の連載をまとめたものだけあって、短歌に関して素人が疑問に思うことが話題となります。必ずしも明快な答えが語られるとは限りませんが、やっぱり歌人もいろいろと悩み、考え、迷っているのだな、と分かって距離が少し縮まるように感じられます。


 穂村弘さんの話題の持ち出し方も巧み。こんな感じでリードしてゆきます。


――――
穂村
 せっかく読むなら、抑制が効いているものより、恥ずかしいことを書いているものを読みたいですよね。与謝野晶子や若山牧水を見よ! ですよ。近代歌人の「我に返らなさ」加減は本当にすごいですから。
――――
単行本p.43


――――
穂村
 短歌には、そういう盲点がけっこうあるんです。例えば「夕暮れの厨(台所)でほのかな性欲がきざした」といった歌はよくありますが、なぜか時間は必ず「夕暮れ」で、場所は「厨」で、かつ性欲は「ほのか」だったりする。「真夜中の寝室で激しい性欲が湧いた」という歌は、おそらく一首もありません。
――――
単行本p.50


――――
穂村
 一字一句、少しも動いてはいけないというのは、韻文家の感覚ですね。唯一無二の正解がある、という感受性もしくは強迫観念。それこそが、短歌のイデア(本質)だと言えると思います。
――――
単行本p.115


――――
穂村
 つまり、ある運命が、自分に本当に言いたいことを言わせない状況です。そうした「言いたいことを言えない」「けれども言わねばならない」という二重性が、優れた強度のある詩歌を生むという側面は絶対にある。
――――
単行本p.139


 ときには穂村さんから挑発したり。


――――
穂村
 詩の場合は、どうやって良し悪しを決めるんですか? そもそも他人の詩って、読んで「わかる」ものなんですか?
――――
単行本p.125


 むろんゲストから煽られることの方が多いわけです。


――――
酒井
 穂村さんによる短歌鑑賞の本はすごく論理的です。カマトトなのに、こんなにすごいことを考えているなんて! という驚きがありました。
――――
単行本p.30


――――
金原
 最近、学生に「穂村弘を知ってる?」と聞くと、「あのエッセイストの」って答えるんですよ。そんな状況を打破すべく、早く次の歌集を出してください。
――――
単行本p.116





タグ:穂村弘
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『SFマガジン2021年6月号 異常論文特集』 [読書(SF)]

 隔月刊SFマガジン2021年6月号は、学術論文の体裁をよそおった怪文書=異常論文の特集という、どうかしてる号でした。


『SF作家の倒し方』(小川哲)
――――
 池澤春菜率いるSF作家界に加わり、世界を素晴らしいものにしていく手伝いをするか、それとも、大森望率いる裏SF作家界に加わり、闇の力で日本を支配するか。(中略)裏SF作家界の力は強大です。有力な作家を次々と陣営に引きこみ、陰から社会を支配しています。(中略)
 そんな絶望的な状況でも、明るい未来を作るため、みんなの笑顔を守るため、SFを信じる力で世界に光が満ちるその瞬間まで、私たちSF作家は戦い抜かなければなりません。本稿では、二大勢力による戦争の最前線にいる私が、裏SF作家を倒す方法をみなさんに教えたいと思います。
――――
SFマガジン2021年6月号p.62

 大森望率いる裏SF作家界と戦うために、裏SF作家の倒し方を大公開。具体的に、柴田勝家、樋口恭介、高山羽根子、宮内悠介、飛浩隆、の五名を取り上げ、各人の弱点および有効な攻撃方法をまとめる。論文の体裁で書かれた怪文書。


『殲滅の代償』(デイヴィッド・ドレイク、酒井昭伸:翻訳)
――――
「戦車科、全車突入! 殲滅せよ、戦車隊(パンツァー)!
 ダニーは非常バーに手の平をあて、車長席を砲塔内に固定した。頭上のハッチをロックする。爆音をあげて大地を打ちすえる浮揚ファンの烈風も、部厚い装甲にはばまれて車内に影響をおよぼすことはない。だが、その高回転にともなって、車内にかんだかい回転音と熱が満ちていく。
〈双つ星〉は猛然と尾根を踊り越えた。
――――
SFマガジン2021年6月号p.359

 ある惑星の紛争に投入された傭兵部隊。ライバルの傭兵を雇っている敵勢力は、古代種族が遺した超テクノロジー遺跡を拠点としている。攻撃を仕掛けたら、宇宙の至宝を傷つけてしまうかも知れない。だが、戦争は戦争。主力戦力である浮揚大型戦車隊は、進軍を開始する。
 未来の戦車戦を非常にリアルに描いた短編。





タグ:SFマガジン
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: