SSブログ

『オフィーリア』(勅使川原三郎、佐東利穂子) [ダンス]

 2020年2月9日は、夫婦でKARAS APPARATUSに行って勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんの公演を鑑賞しました。シェイクスピアの戯曲『ハムレット』をもとに、オフィーリアに焦点を当てた上演時間1時間ほどの作品です。

 佐東利穂子さんがオフィーリアを、勅使川原さんがハムレットを踊ります。といっても基本的にハムレットは暗闇でうごめいているだけで(彼には彼なりの事情があるのでしょう)、オフィーリアの孤独と苦悩がひたすら表現されることに。

 まず驚かされるのは、二人の踊りに人外感がないこと。神仏でも精霊でもソラリスの海の創造物でもなく、ごく普通の若者たちに見えます。佐東利穂子さんの動きも、いつものように水中でゆらめいている感じではなく、若い女性が感情を抑えたり爆発させたりしている、という印象が強い。

 照明はもちろんですが、音響が素晴らしく効果的。水音や鳥の声が流れるなか川辺に横たわるオフィーリア(舞台の床にシートを敷いているのか、彼女の姿が床に写り水面に見える)という美しいシーンから始まり、ハムレットとその周辺事情を暗示する馬の足音、死臭を思わせるハエの音、悲劇を連想させる雷鳴、などの音がドラマ性を高め、やがてまた川辺で沈んで世界を見上げているオフィーリアに戻ってくる。すべては刹那の回想なのかも知れません。

 それにしても佐東利穂子さんの苦悩や激情のダンスは、思わずびびってしまうほどの迫力。ちょっと忘れがたいものがあります。『ハリー』や『泉』と比べても凄味が増しているのではないかという印象で、この先どこまでゆくのでしょうか。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。