SSブログ

『地磁気逆転と「チバニアン」 地球の磁場は、なぜ逆転するのか』(菅沼悠介) [読書(サイエンス)]

――――
 驚くべきことに、地球の磁場(地磁気)が180度ひっくり返るという現象が過去に何度も起きてきたのです。そして、いちばん最近に起きた地磁気逆転の証拠が、まさにチバニアン誕生の舞台となった地層、千葉セクションから見つかったのです。(中略)
 一般には知られていませんが、過去200年ほどの間、地磁気の強さは低下し続けています。この傾向がさらに続けば、地磁気逆転に向かう可能性もあるのです。我々にとって重要な地磁気が、もしいま逆転をしたらどのような事態が起こるのでしょうか? 現代の文明社会は、存亡の危機を迎えてしまうのでしょうか? 科学者たちの研究の積み重ねによって、少しずつ、でも着実に、その謎の解明に近づいています。
――――
単行本p.5、6


 観測が始まってから、一貫して弱まり続けている地球磁場。このまま近い将来に地磁気逆転が起きるのだろうか。謎を解くためのカギとなるのが、最も直近に起こった地磁気逆転のデータが残されている千葉セクションだ。新たな地質年代「チバニアン」の命名元となった千葉セクションに残された記録から地磁気逆転のメカニズムに迫る研究者の姿を紹介するサイエンス本。単行本(講談社)出版は2020年3月、Kindle版配信は2020年3月です。


――――
 千葉セクションが前期-中期更新世境界GSSPとして認定されたことにより、千葉セクションは文字どおり世界標準の地層となりました。
 今後は、世界中の研究者が、地磁気逆転や気候変動の研究のために千葉セクションを訪れることになるでしょう。
――――
単行本p.239


〈目次〉

第1章 磁石が指す先には ――磁石と地磁気の発見
第2章 地磁気の起源 ――なぜ地球には磁場が存在するのか
第3章 地磁気逆転の発見 ――世界の常識を覆した学説
第4章 変動する地磁気 ――逆転の「前兆」はつかめるか
第5章 宇宙からの手紙 ――それが、謎を解くヒントだった
第6章 地磁気逆転の謎は解けるのか ――なぜ起きるのか、次はいつか
第7章 地磁気逆転とチバニアン ――その地層が、地球史に名を刻むまで



第1章 磁石が指す先には ――磁石と地磁気の発見
第2章 地磁気の起源 ――なぜ地球には磁場が存在するのか
第3章 地磁気逆転の発見 ――世界の常識を覆した学説
――――
 こうして「地磁気逆転」は、溶岩、海洋底の地磁気異常、そして海底堆積物のすべてから明確な証拠が見出されることによって、その存在が確認されました。また、地磁気逆転の存在は、同時に海洋底拡大説が正しいことも示しており、これらの成果を統一的にまとめることで、このあと「プレートテクトニクス」が成立していくことになります。
――――
単行本p.101

 地磁気の発見からその生成メカニズムの解明、そして地磁気逆転現象の証明とプレートテクトニクス理論の完成に至る歴史を解説します。


第4章 変動する地磁気 ――逆転の「前兆」はつかめるか
第5章 宇宙からの手紙 ――それが、謎を解くヒントだった
――――
 古くから、地磁気逆転と生命の進化や絶滅の関係については、さまざまな仮説が提唱されてきました。しかし、両者になんらかの関係性があることを証明した研究は今のところありません。それは、もしかすると、地磁気逆転、もしくは生命の絶滅・進化の年代測定精度が十分でなかったことが理由かもしれません。一方、地磁気エクスカーションについては、ごく最近になって興味深いデータが報告されています。(中略)
 最新の年代測定によると、ネアンデルタール人の絶滅は約4万1000~3万9000年前と推定されていますが、この絶滅のタイミングが、まさにラシャン・エクスカーションの最盛期と一致するというのです。
――――
単行本p.132

 宇宙線と地磁気、年代測定技術の進歩、そして地磁気と生命進化の関係など、地磁気変動にかかわる様々なトピックを解説します。


第6章 地磁気逆転の謎は解けるのか ――なぜ起きるのか、次はいつか
第7章 地磁気逆転とチバニアン ――その地層が、地球史に名を刻むまで――――
 まず、海底堆積物のベリリウム10から示された松山-ブルン境界年代の修正について、氷床コアや、火山灰に含まれるジルコン粒の放射年代測定など、最新の分析によって証明されていく過程を紹介しましょう。そして、その結果から明らかになってきた地磁気逆転の全容も含めて、地磁気逆転に前兆現象はあるのか、そして地磁気が逆転したとき、この地球はどうなってしまうのか、そもそもなぜ地球の磁場は逆転するのか――、地球科学最大の謎ともいえるこのテーマについて、最新の研究成果も紹介しながら追ってみたいと思います。
――――
単行本p.182

 地磁気逆転についてどこまで分かっているのか、そして千葉セクションの地層から何が読み取れるのか。最新の研究成果をまとめます。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。