SSブログ

『七人のイヴ (2)』(ニール・スティーヴンスン、日暮雅通:翻訳) [読書(SF)]

――――
「地球上のすべての民族国家、その政府と憲法は、もう存在しないということだ。軍事および民間の指揮系統についても同様である。それらに対して捧げた誓い、誓った忠誠、感じた忠義、手にした市民権は今、永遠に消滅した。〈クラウド・アーク〉憲法によって与えられる権利こそがそれぞれの権利であり、それ以上でも以下でもない。各人は〈クラウド・アーク〉憲法の法律および義務に従うことになる。誰もが新たな国家にして唯一の国家の、国民となったのだ。久しく存続したもうことを」
――――
新書版p.125


 ついに始まった〈ハード・レイン〉。砕けた月破片の大規模落下により地球全体が燃え上がり、人類は死滅した。軌道上に残されたわずかな人数を残して。そして生き残った人々の苦闘が始まる。ニール・スティーヴンスンのハードSF大作、その第2巻です。新書版(早川書房)出版は2018年7月、Kindle版配信は2018年7月。


――――
 飛来する隕石の軌跡は、空中に描かれた明るい引っかき傷のような模様だったものが、目もくらむほどの過熱した空気の連続体に合わさるや、地上にある燃えるものすべてに火を放っていた。赤道周辺にはより多くの隕石が降りそそいでいたため、輝く火の帯はそこがいちばん明るかった。ただ、そこの南北の一帯の地表も燃えており、帯状に広がってカナダや南米の高緯度地方も包み込んでいた。
――――
新書版p.126


 連続的な巨大隕石落下〈ハード・レイン〉による人類滅亡を回避するため、既に軌道上にある国際宇宙ステーションを足掛かりに宇宙に居住環境を作り上げるという巨大プロジェクト〈クラウド・アーク〉計画のスタートを描いた第1巻。その続きとなる第2巻では〈クラウド・アーク〉に次々と降りかかる危機と、それに対する苦闘が描かれます。ちなみに第1巻の紹介はこちら。


2019年01月21日の日記
『七人のイヴ (1)』
https://babahide.blog.so-net.ne.jp/2019-01-21


 現在よりわずか先の近未来、今より少しだけ進んだテクノロジー。それで地表からの支援なしに宇宙空間に「千人を超す人数が恒久的に活きてゆける居住環境」を作り出すことなど可能なのか。まず無理と思う反面、絶対不可能とも言い切れない。このぎりぎりの状況設定をさらに突き詰めてゆきます。


 辛くも軌道上に退避できた人々に、次々と過酷な試練が降りかかってきます。まずは〈クラウド・アーク〉の中核となる国際宇宙ステーション〈イズィ〉の軌道が維持できないという大問題。


――――
 〈クラウド・アーク〉計画のごく初期から、〈ハード・レイン〉が大気を――全世界のあらゆる空気を――暖めるということはわかっていた。空気は熱くなれば膨張する。大気が膨張する方向はひとつだけ――宇宙に対してだ。そのため、〈イズィ〉が通常の高度400キロほどで空気の痕跡から感じる抗力がどんなものであれ、大気が上に向かって広がるにつれて悪化する。
――――
新書版p.217


 熱膨張する地球大気による抗力増大。徐々に軌道を下げてゆく国際宇宙ステーション。小惑星を抱えたまま安全な軌道まで上昇するための推力を得るには、膨大な量の推進剤が必要となる。それだけ大量の質量をどこから、どうやって手に入れればよいのか。ほとんど絶望的なミッションが開始される。


――――
「結果の予測は不可能だ。だが、ぼくには確信がもてない。ぼくに言えるのは、ショーンが考えていた計画のようにはいかないということだ。何か別のことになる。もっとエキサイティングなことに」
――――
新書版p.220


 さらに、中央集権的な統治体制に対して反感をつのらせたグループによる反乱の勃発。次々と失われてゆく人命。底をつく食糧と資源。物理的にも政治的にも破壊的なパワーに翻弄される〈クラウド・アーク〉がたどる軌道はどこに向かうのか。


――――
 修理に必要な器具や備蓄が、必ずしもすぐ調達できるわけではない。間に合わせにつくらざるをえないこともあった。人間の創意工夫、必死の作業によって苦心の解決策を考案し、何をやってもうまくいかなければ人命を危険にさらしたり犠牲にしたりするほかなかった。
(中略)
 あらゆる予防策を講じたにもかかわらず、放射性降下物の粒子が空気中や食物連鎖にもぐり込んで、呼吸器や消化器にとどまった。(中略)温室で病虫害が起きたり、設備が故障したりすることで、食糧や空気の供給危機もたびたび起こり、もとから体力をなくしていた人たちの命を奪った。
――――
新書版p.340、342


 人類存続の希望が次第に失われてゆくなか、ついにタイトルの意味が明らかになったところで第2巻は終わり、結末は第3巻(最終巻)に持ち越されます。



nice!(0)  コメント(0)