SSブログ

『私は言葉を信じないので踊る』(伊藤郁女、伊藤博史) [ダンス]

 2018年7月22日は夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行って、伊藤郁女さんが父親と共演する公演を鑑賞しました。ダンサーの娘と彫刻家の父、欧州と日本、膨大な距離と文化ギャップによって隔てられた二人が、同じ舞台の上に立って、言葉とダンスによるコミュニケーションと関係の再構築を試みる感動的な作品です。上演時間は1時間。


[キャスト他]

テキスト・演出・振付: 伊藤郁女
舞台美術デザイン: 伊藤博史
出演: 伊藤郁女、伊藤博史


 開演の前からゆっくりと動き続ける伊藤郁女さん。舞台の、向かって右手に置かれた椅子に腰掛け、じっとしている父。舞台左手には、黒い布で覆われた謎のオブジェ(床に設置された大型テレビの天井を突き破って脱出に成功したバルンガが急成長しているような形。実は椅子を積み上げて作られていることが最後に分かる)があり、これは彫刻家である父親がデザインしたものだそうです。

 始まる前から、伊藤郁女さんによる様々な「問い」の録音が流れます。なぜ私はこうなのか、どうして世の中はこうなっているのか……。公演が始まってからも父親への問いかけや、事前に録音されたインタビューなどが流れます。あとどのくらい生きると思う? どうしていつも私の彼を気に入らないの? なぜ陰鬱な作品を作るの?

 こうした言葉のレベルでのやりとりと並行して、二人は踊ります。まずは伊藤郁女さんのソロ。まだ人間の動きを習得してない手足が昆虫のように奇怪な動きを見せる幼少期ダンスから、クラシックバレエの動きを経て、独特のダンスへと成長してゆく様を見せます。すでにこのあたりでノックアウト、魅了される。

 途中で父親が立ち上がって歩き出し、踊り始めます。やがてダンスによる交流が楽しげに展開し、いや本当に楽しそうなんですよ、最後は父親不在の舞台に伊藤郁女さんが一人残される。父と娘がダンスによる再会と相互理解を深めてゆくプロセスが、大きな感動を生みます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『短篇ベストコレクション 現代の小説2018』(日本文藝家協会:編、小田雅久仁、三崎亜記、他) [読書(小説・詩)]

 2017年に各小説誌に掲載された短篇から、日本文藝家協会が選んだ傑作を収録したアンソロジー。いわゆる中間小説を軸に、ミステリからハードSFまで幅広く収録されています。文庫版(徳間書店)出版は、2018年6月です。


[収録作品]

『廊下』(川上弘美)
『りゅりゅりゅ流星群』(雪舟えま)
『頸、冷える』(河崎秋子)
『仮名の作家』(小川洋子)
『精神構造相関性物理剛性』(野崎まど)
『ハンノキのある島で』(高野史緒)
『おとうさん』(いしいしんじ)
『髪禍』(小田雅久仁)
『コンピューターお義母さん』(澤村伊智)
『皇居前広場のピルエット』(恩田陸)
『緑の子どもたち』(深緑野分)
『土産話』(藤田宜永)
『陽だまりの中』(唯川恵)
『穴の開いた密室』(青崎有吾)
『公園』(三崎亜記)
『落星始末』(勝山海百合)


『ハンノキのある島で』(高野史緒)
――――
 海のどこか、遠い沖合に、本でできた島があるという。それは捨てられた本や、既刊書狩りを逃れるためにやむなく海に投げ入れられた本が集まってできた島で、そこに行けばあなたが欲しいと思う本が手に入るのだという。どうやら南米あたりが伝説の発祥地らしいのだが、もはや起源など誰も気にしていない。
 そこにはきっとハンノキが生えていて、大きすぎもしなけれは小さすぎもしない本屋があるのだ。親戚の家に行く単線鉄道の終着駅や、中学校の傍の横丁にも小さな本屋がある。同級生のお母さんがやっている薬屋の奥には私設の小さな図書室があって、学校の図書室とは違った一風変わったラインナップで、星新一や筒井康隆の文庫本を貸してくれるのだ。
――――
文庫版p.221

 新刊書しか存在を許されなくなった近未来の出版流通事情。名作認定されたもの以外、既刊書は有無をいわず狩りたてられ、すべてが抹殺される。だが語り手である作家には、どうしても残したい作品があった……。ブラッドベリ『華氏451度』のバリエーションですが、過去作品を追ったり保管したりすることに倦み疲れた読書家と作家がいわば共謀して既刊本の抹殺に手を貸す、というディストピア設定に変なリアリティがあって、切ない。ハンノキが意味するものを知ると、オールドミステリ読者は泣くのでは。


『髪禍』(小田雅久仁)
――――
 その儀式がおこなわれるあいだ、ひと晩じゅう何もせず、宗教施設のなかでただ座って見ているだけで、十万円が手に入ると言う。ただし、その儀式は建前上、秘儀として部外者の立入りが禁止されているので、その日、目にしたこと耳にしたことはいっさい他言無用とのことだった。つまり、十万円の内には口止め料も含まれていると……。
――――
文庫版p.234

 髪を神としてあがめる新興宗教。その特別な儀式に立ち会うだけで十万円の報酬が出ると聞いた語り手は、怪しみながらも参加を承諾してしまう。当日、人里はなれた宗教施設に集められた人々が目撃した「秘儀」は、予想をこえたものだった……。最初から最後まで真面目なホラーなんですが、やりすぎ感がすごくて思わず笑ってしまうという、そのあたりも含めて伊藤潤二さんのホラーコミックを連想させるものがあります。


『コンピューターお義母さん』(澤村伊智)
――――
 義母は関西の老人ホームにいる。
 と同時にこの家にも「いる」。
 ネットデバイスとアプリを駆使し、家屋と家電についた様々なセンサーから、この家のことを把握している。そして何か見つける度にわたしに小言を言い続けている。この家を建てて住むようになってから、今の今までずっと。
――――
SFマガジン2017年6月号p.297

 各種センサ、監視カメラ、ネット対応の設備や家電、あらゆる情報技術を駆使して遠隔地の老人ホームから行われる「サイバー嫁いびり」。ひまを持て余した義母にネットワーク経由で一挙一動を監視され、何かというと嫌味メッセージを送りつけられる主人公は、ついに反撃を決意するが……。情報技術の発展によりグローバル化する嫁姑問題という風刺的なブラックユーモア作品、なんだけど、ユーモアよりも心理ホラー感が強いです。


『緑の子どもたち』(深緑野分)
――――
 あたしたちは緑の家の真ん中で、獣の家族みたいに固まって眠っている。床に引いたチョークの線はいつのまにか、ほとんど消えていた。その代わりに以前のテリトリーの間を行ったり来たりする大きさの違う足跡が、数え切れないほど続いている。そしてその先には完成間近の自転車が、青白く輝いていた。
――――
文庫版p.365

 色も大きさも異なる四人の子供たち。互いに反目しあいながら緑の家に暮らしていた彼らは、協力して自転車を作ろうとすることで、互いを受け入れてゆく。言葉も人種も食習慣も異なる子供たちが、共通の目的を分かち合うことで反感や拒絶を乗りこえてゆく感動的な物語。現代社会の寓話としても胸にせまります。


『穴の開いた密室』(青崎有吾)
――――
「で? 片無、穴が開けられた理由はわかったのか」
「意外と難問かも」氷雨は珍しく弱音を吐いた。「何をどう考えても壁に穴を開けるメリットが思いつかない。倒理の大馬鹿説を取りたくなってくるよ」
「なんか俺に対する悪口みたいになってるんだが」
(中略)
 確かにこりゃ難問かもしれない。俺は腰に手を当てて、普通の殺人現場じゃまずお目にかかれないその光景と睨み合う。密室の壁にぽっかり開いた無粋な空間。
――――
文庫版p.491、495

 殺人現場は密室、というか、ほぼ密室だった。残念なことに、壁に大きな穴が開いているのだ。犯人がチェンソーを使って壁をくり抜いて作った大きな穴。なぜそんなことを?
 「いっけん密室だが、実は犯人が出入りする方法が隠されていた」系の密室トリックをからかうような設定。「不可能担当」と「不可解担当」の二人の探偵が組んで事件を解決するシリーズの一篇で、その軽妙なユーモアで大いに楽しめます。


『公園』(三崎亜記)
――――
「あるべき」という無意識の圧力は、公園そのものにも向けられた。「自由で安全で、万人に開かれた場所」という「あるべき」公園の理想像を求められ続けた結果、公園は、次々と禁止事項が増えて行った。その結果、誰も訪れることが無くなったという矛盾を背負わされた公園は今も、「万人」という、姿の見えない「誰か」の利用を待ち続けている。
――――
文庫版p.522

 公園の遊具による子供の死傷事故を受けて、遊具を「危険具」として撤去する動きが広がった。ベンチも砂場も危険だから撤去。禁止事項も次々と増える。走るのは禁止、座るのは禁止、他人と話すのも禁止、もちろん遊ぶなんて厳禁。面倒な手続きを経て認可が下りない限り誰も入れないようにすることで実現した、万人にとって安全な、しかし誰も入らない場所、公園。そこに、数年ぶりに「利用者」が現れたのだが……。著者お得意の「お役所仕事の暴走により生じた不条理世界」もの。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『怪異古生物考』(土屋健、荻野慎諧:監修、久正人:イラスト) [読書(オカルト)]

――――
 古生物学に携わって生きていると、「ああ、あの怪異の元ネタはこの化石(古生物)といわれているよね」というように“どこかで聞いたことがあるというレベル”で、怪異と化石の関連の話を自然と仕入れていくことがあります。そしてそんなお話を、友人に、恋人に、子供達に、機会を見つけては「実はね……」と披露するわけです。いわば、怪異と古生物の関係は、多くの古生物関係者の“雑談の持ちネタ”となっています。
――――
単行本p.2


 ユニコーン、グリフォン、龍、ぬえ。古今東西さまざまに語られてきた「現実にはいない不思議な生き物」の正体は、化石を目撃した昔の人々の想像だった?
 多くの古生物関係者の「雑談の持ちネタ」となっているという「あの幻獣の元ネタはこの古生物の化石」という話題を集めた興味深い一冊。単行本(技術評論社)出版は2018年6月、Kindle版配信は2018年7月です。


――――
 本書では、怪異の起源の多くを古生物に求めてきた。
 ユニコーンは絶滅哺乳類のエラスモテリウム、グリフォンは恐竜プロトケラトプス、キュクロプスは絶滅ゾウ類、ルフは肉食恐竜の足跡で、ドラゴンや龍にはワニやゾウ類、海棲爬虫類の絶滅種が関わっていたかもしれない。ぬえは絶滅した大型のレッサーパンダ、天狗はイルカと絶滅大ザメのメガロドンなどを挙げてきた。
(中略)
 それは真実であるかもしれないし、当時の人々からみれば、まったくの的外れな議論なのかもしれない。それでも、怪異と古生物との関連性を議論し、推理することは、古生物に新たな視点を投入するものといえる。
 何よりも楽しい。
――――
単行本p.220、223


 全体は9つの章から構成されています。

「1章 ユニコーン」
「2章 グリフォン」
「3章 ルフ」
「4章 キュクロプス」
「5章 龍」
「6章 ぬえ」
「7章 天狗」
「8章 八岐大蛇」
「9章 鬼~終章のかわりに」


「1章 ユニコーン」
――――
 絶滅したエラスモテリウムに着目しています。近年、更新世中期に絶滅したと考えられていたこの種が2万6000年前まで中央アジアに生存していたことがわかりました。プリニウスの言及する「額」に長い角があるという特徴に一致する、1本角の奇蹄類です。
――――
単行本p.25

 欧州で広く知られ、日本でも「お台場にも新名所として建設されましたし(あちらはMSですが)」(単行本p.10)という、一角獣ユニコーン。その正体を探る考察は、絶滅したエラスモテリウムにたどり着く。だが、生きているエラスモテリウムの姿を人類が目撃し伝えた可能性はあるのだろうか。そこに飛び込んできた驚愕の新情報とは。


「2章 グリフォン」
――――
 実は、プロトケラトプスは、関節した状態の化石がよく見つかる。マイヤーはこうした関節した状態のプロトケラトプスの化石が、グリフォンの着想のもとになったのではないか、と指摘する。プロトケラトプスの“公式な報告”は1923年のことだが、古代の人々は関節したプロトケラトプスの化石をすでに見つけていたのではないか、というわけだ。
――――
単行本p.37

 前半身がワシ、後半身がライオンという怪鳥グリフォン。このような奇怪な合成イメージはどこから来たのだろうか。古生物学者は、プロトケラトプスの化石に注目している。その理由とは。


「4章 キュクロプス」
――――
 実はこれはさほど難しい話ではない。
 牙のないゾウ類の頭骨をみれば、一目瞭然なのだ。
 ケナガマンモスの頭骨をこのページに掲載した。
(中略)
 この写真をご覧いただければ、「古代ギリシア人の想像も無理はない」と読者の皆さまにも納得いただけるだろう。
 頭骨正面にぽっかりと大きな孔が開いている。これを古代ギリシア人は、眼窩(眼球の入る孔)と考えたというわけだ。しかし、この孔は正しくは「鼻の孔」だ。
――――
単行本p.76

 一つ目巨人として名高いキュクロプス(サイクロプス)。その発想の源として最有力なのは、マンモスなどゾウ類の頭骨化石である。実際に化石を見てみると、それは一目瞭然。


「6章 ぬえ」
――――
「ぬえ」=「大型レッサーパンダ」という仮説を証明するためには、今後、日本で“歴史の空白期”の大型レッサーパンダの化石が見つかればいい。あるいは、まだ我々が知らない場所で、野生の大型レッサーパンダが生き残っていれば、これに勝る証拠はないといえるだろう。
――――
単行本p.160

 『平家物語』において、源頼政が退治したという怪異「ぬえ」。頭が猿、胴体は狸、尾は蛇、手足は虎。その奇怪な姿はまるで……、ああこれは風太くんですね。しかし、日本列島に棲息していたことは化石で確認されているとはいえ、『平家物語』の時代に大型レッサーパンダが生き残っていた可能性はあるのでしょうか。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『夏の周波数』(タケイ・リエ、装幀/制作:カニエ・ナハ) [読書(小説・詩)]

 フランス装(アンカット)、ポップアップ、立体展開図など、読者が自ら手を加えることで世界に一冊しか存在しない自分だけの詩集を完成させる。カニエ・ナハさん装幀/制作によるペーパークラフト詩集最新作は、タケイ・リエさんの無限めくり絵オリガミ詩集。発行は2018年7月15日です。

 タケイ・リエさんの「7月の出来事」を題材にした詩が印刷された四枚の紙を、こう、組み合わせて折り畳んで、めくり絵というのでしょうか、無限にめくり続けられる折り紙にしたという驚きの装丁。めくると次の詩が現れ、さらにめくると次の詩、めくり続けると最初の詩に戻って、以下好きなだけめくりめくり。


1986年7月15日 ファミコンが任天堂から発売された日
『ファミコンの詩』より
――――
とうとう
ぼくのたましいは
火を噴いて
これからはひとりでもへいきだ
いっぱいあそべるぞ
まいにちあそべるぞ
――――


1919年7月7日 カルピス販売開始
『カルピスの詩』より
――――
これは夜空に走る白い川
とろりとしろい液
冷蔵庫に入れなくてもよいのです
のみたいときは水で五倍にうすめ
ときどきかき氷にかけるシロップ
地面に垂らすと蟻にたいへん人気
――――


1971年7月20日 日本マクドナルド1号店が銀座に開店した日
『ハンバーガーの詩』より
――――
何度も何度も
何度も会って
彼はマクドと呼んでいたけれど
私は頑固にマックと言い続けて
一緒に食べることはなかった
――――


1868年7月17日 江戸から東京に改称された日
『東京の詩』より
――――
川をはげしく遡上する
ゴジラの幼生を君は観たか
あれは
狂言そのものだったな
天ぷらうなぎ牛鍋どぜうもいいが
浅草観音仲見世通りを歩いて
(あなたとわたし)
人形焼きをいくつかたべて
芋ようかんをいくつかたべて
もうすぐやってくる
次の時代を
待ちぶせしよう
――――



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『森のシェフぶたぶた』(矢崎存美) [読書(小説・詩)]

――――
 シェフ? このぬいぐるみが料理を作るの? フレンチだよ!?
 いや、和食だって変なんだけど。
 しかし、フレンチと言えば、かっこよくフランベしたりするところが見せ場ではないか。ここはオープンキッチンなのだ。(中略)ぬいぐるみがフランベとともに燃え落ちていくシーンが頭に浮かんで、クラクラしてくる。
「お肉は、牛、豚、鶏から選んでいただけます」
 豚!? ぶたのぬいぐるみが作る豚料理とは!? 大丈夫なの!? これまたいろいろな意味で。
――――
文庫版p.19


 見た目は可愛いぶたのぬいぐるみ、中身は頼りになる中年男。そんな山崎ぶたぶた氏に出会った人々に、ほんの少しの勇気と幸福が訪れる。大好評「ぶたぶたシリーズ」は、そんなハートウォーミングな奇跡の物語。

 今回は、森の中にあるオーベルジュ(宿泊施設付きレストラン)を舞台に、ぶたぶたシェフが活躍する5つの物語を収録した短篇集です。文庫版(光文社)出版は2018年7月。

 森の中にある小さなオーベルジュ「ル・ミステール」、宿泊した人だけが知ることが出来るこの店の秘密とは。


――――
 ここは、フランス語で「謎」を意味する店名どおり“謎のオーベルジュ”と言われているらしいが、実際はディナーと宿泊が一日一組なので予約がとても取りづらく、それで「謎」とか「幻」とか言われているのだ。
 ただこのオーベルジュ、“ル・ミステール”の最大の謎は、おそらくディナーを楽しみ、そして泊まらないとわからない。
――――
文庫版p.48


 むしろ最大の謎は、採算がとれているのかどうか。


[収録作品]

『春の女子会〈春〉』
『サプライズの森〈夏〉』
『二人でディナーを〈秋〉』
『ヒッチハイクの夜〈冬〉』
『野菜嫌いのためのサラダ〈春〉』


『春の女子会〈春〉』
――――
 部屋に帰ってから、それについて反省会という名のおしゃべりが始まる。
「オーベルジュで気取りたいっていう意気込みが空回りして終わったわ」
 美也があきれたように首を振る。
「仕方ないよ。ぶたぶたさんを見て平静でいられる?」
 育美の言葉に、誰もがうなずく。
「せっかくおしゃれしたのに――」
 美也の言葉に利津香が、
「でも、みんなで集まったらだいたいこんな感じじゃない? 今日はぶたぶたさんというイベントもあったけど」
「まあ、そうだよねー」
 千紗子も同意する。そして全員で笑った。
――――
文庫版p.36

 森の中にあるオーベルジュ(宿泊施設付きレストラン)「ル・ミステール」に集まってお泊まり女子会を開いた四人は、シェフがぶたのぬいぐるみだと知って衝撃を受ける。

 まずは今回の舞台を紹介する、幸福感に満ちた導入話。


『サプライズの森〈夏〉』
――――
「他人をうらやましいと思ったことはありますか?」
 つい、そんなことを訊きたくなった。というより、勝手に言葉が漏れてしまった。
「もちろん、ありますよー」
 だから、ぬいぐるみの返事には心底驚く。
「うらやましいというのは、健全な気持ちだと思いますよ。だって無理じゃないですか、そういう思いを抱かないようにするのって。それを抑えつける方が不健全だと思いますね」
 ぬいぐるみは点目の間にシワを寄せてそう答えた。
――――
文庫版p.85

 「ル・ミステール」を探して迷子になってしまった語り手は、森の中で動いてしゃべる不思議なぶたのぬいぐるみを目撃する。さては新種のUMAか、というか、なにそのメルヘン。彼のおかげでようやく「ル・ミステール」に到着した語り手は、気がつけばぬいぐるみに向かって自分の悩みを話していたのだが……。


『二人でディナーを〈秋〉』
――――
「ぎゃああああーっ!!」
 静かな空間に、ものすごい叫び声が響いた。
「いやあああーっ、なんなのこれぇー!?」
 叫んだ須美代は、自分の足元にあったぬいぐるみをつかんで、店の奥に放り投げた。
「こんなの詐欺よーっ!」
 彰文は、彼女が何を言っているのかわからなかった。
「イケメンのシェフって聞いたのにーっ! なんなのいったい!?」
――――
文庫版p.97

 デートで「ル・ミステール」を訪れたカップル。だが、シェフの姿を見た途端、女性は絶叫して山崎ぶたぶたを引っつかんでえいやと投げるや店から飛び出して行方をくらませてしまう。残された男は呆然。いや、この事態に呆然とすべきか、それともシェフがぶたのぬいぐるみだったことに呆然とすべきか、まずはそこから整理しなければ。

 山崎ぶたぶたに出会って、いきなり「人をバカにしてる」「気持ち悪い」「詐欺」と激怒する非常に珍しいパターン。次の『ヒッチハイクの夜〈冬〉』と対をなす印象的な作品です。


『ヒッチハイクの夜〈冬〉』
――――
 後ろのフランス人(仮)が驚いたような声をあげる。ということは、彼にも見えてるっていうこと? 自分だけの錯覚ではない?
「そちらがフランスからいらした方ですか?」
 そう言って、何やらまたわからない言葉を話し出す。日本語よりもこっちの方がしっくりくる気がする!(中略)フランス語がしゃべれるの、このぬいぐるみは!? なんか名乗ってたけど――すごくぴったりな名前な気がしたけど、度重なるショックで忘れてしまった。
――――
文庫版p.154

 妻が怒って実家に帰ってしまった。何とか仲直りしようと人気オーベルジュの予約を入れたものの、妻はにべもなく拒否。仕方なく一人で店に向かう途中で、謎のフランス人を乗せてしまう。言葉が通じないので困っていたところ、何しろフレンチレストランだけあってシェフはフランス語が堪能。親切にも通訳をしてくれることになった。夫婦でディナーの予定が、気がつけば謎のぬいぐるみの通訳で謎のフランス人と食事している、この状況どうすればいいの……。

 偶然のなりゆきでまったく異なる境遇の三人が出会い、一夜の小さな奇跡が行方を照らす。いかにもぶたぶたシリーズらしいハートウォーミングな作品。


『野菜嫌いのためのサラダ〈春〉』
――――
「でも、ぬいぐるみさんなら、僕も食べられるもの作れるでしょ?」
「なんでそう思うの?」
「だって……ぬいぐるみだから」
 点目がぱちくりしたように見えた。
「あ、僕の名前は山崎ぶたぶたっていいますからね。自己紹介が遅れてごめんね」
 ぶたぶた!? すごい!
 「ぴったりな名前だね!」
 そう言うと、ぶたぶたは両手を広げて足をむんっと踏ん張る。まるでコアリクイの威嚇みたいだ(そういう動画を見た)。
――――
文庫版p.210

 「ル・ミステール」に野菜を届けている農家、そこの子供は野菜が嫌いで食べられない。野菜農家のうちの子なのに。悩める子供は、「ル・ミステール」のシェフに相談。野菜を食べられるようにしてほしい。きっと、この人なら野菜嫌いをなおす料理を作ってくれるに違いない。だって、ぬいぐるみなんだもん。

 山崎ぶたぶたシェフが、子供の野菜嫌いをなおす料理、という難題に挑む。「コアリクイの威嚇ポーズをとる山崎ぶたぶた」のシーンは、本書のハイライトではないかと、個人的にはそう思います。



タグ:矢崎存美
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: