So-net無料ブログ作成

『BEATLESS』(長谷敏司) [読書(SF)]

 「もはや人工知性に対して、不安を感じていてよい段階ではない。はじめてコンピュータの知能が人間を完全に超えた特異点(シンギュラリティ)から、すでに五十年以上も経っているのだ」(単行本p.189)

 高校生の遠藤アラトは、あるときレイシアと名乗る美少女型アンドロイドに出会い、その所有者となる。だが彼は知らなかったのだ。レイシアがポストシンギュラリティ超高度AIによって創り出された<人類未踏産物>だということを。そして自分が人類に終焉をもたらそうとしていることを・・・。典型的なライトノベルの文脈を用いて、人智を超えた人工知能と人間との関係性を徹底的に追求した本格ロボットSF大作。単行本(角川書店)出版は、2012年10月です。

 「わたしは、人間の言葉や動きに合わせて、相手を快適にするような反応を返しているだけです。反応が与える効果を先読みして誘導しているだけで、私の言動は一貫した人格に裏づけられているわけではありません」(単行本p.35)

 人間社会がhIEと呼ばれるアンドロイドに支えられている西暦2105年。研究所から五体の美少女型hIEが流出する。民間軍事会社の攻撃を一蹴して消えた五体は、人間の理解を超えた<人類未踏産物>だったのだ。驚異的な戦闘力に加え、固有の特殊能力を持つ彼女たちは、それぞれに所有者(オーナー)を見つけて人間社会に潜伏してゆく。

 そのうちの一体であるレイシアにオーナーとして選ばれたのは、冴えない高校生の遠藤アラトだった。彼女のカタチ(萌え属性)に魅了され、いいように操られているという自覚を持ちながらも、レイシアを信じようとするアラト。その決意がどれほどの犠牲を伴うか知らないままに。

 というわけで、ぱっとしない少年が超常的な戦闘美少女に出会ってなりゆきで同居することになり、おかげで次から次へと魔物やら宇宙人やら(なぜかみんな外見は美少女)に襲われるはめになり、その度にやたらめっぽう強い彼女に守ってもらうという、マンガやアニメでお馴染みの設定で物語は始まります。

 いかにもな戦闘シーンが続出する前半はそういう感じで気楽に楽しめるのですが、後半に進むにつれて、「人間より優れた人工知性と人類社会は共存できるか」、「心がない存在との間に信頼関係を築くことが出来るか」といった、ロボットSFが長年追求してきたテーマを偏執的なまでに掘り下げてゆく本格SFへ展開してゆきます。

 「人間の世界に終わりがあるとしたら、人間が存在する“意味”が完全に失われた、こんな風景に違いなかった」(単行本p.447)

 「人間がいる意味なんて能力的に見ればもう終わっているの」(単行本p.227)

 「僕は、本当に自分の意志で何かをしているのか」(単行本p.199)

 迷いつつもレイシアを信じようとするアラト。だが事態は情け容赦なくその酷薄さをむき出しにしてゆく。個体間の暗闘から、大規模テロへ、そして陸軍を巻き込んだ凄惨な市街戦へと戦いはエスカレートし、犠牲者も増えてゆく。

 だが人類にとって真の脅威は、自らの計画のために人間社会そのものをハックするレイシアの存在が、ポストシンギュラリティ超高度AIと人間社会の間で成り立っていたきわどいバランスを根底から崩しつつあることだったのだ。

 「あなたは、“現実”に耐えられるのですか」(単行本p.362)

 「僕が、レイシアを信じるって言えることに、きっと意味はあるんだ」(単行本p.521)

 人工知能が完全に人間を凌駕したとき、人間に存在意義はあるのか。人間に心があることが、人工知能にとってどんな意味を持つのか。こんな問いかけを執拗に繰り返し、深く深く掘り下げてゆくこの感じ、いかにも死や自由意思について偏執的に追求した『あなたのための物語』や『allo, toi, toi』の作者らしいところ。

 「アラトにとってレイシアは世界に触れる万能のインタフェースで、彼女にとって彼は届きがたいものに触れるインタフェースだった。(中略)レイシアとアラトは一組のユニットで、ひとつのこころを共有している」(単行本p553、611)

 「俺は、機械よりも、人間を信じることにしたんだ。敵でも、俺を殺そうとしたやつでもだ。(中略)最後には、人間を信じさせてくれ。人間の手をとらせてくれ」(単行本p.546)

 あくまで人間を信じようとする意志と、人間と人間を超えたモノが信頼関係を築くことが出来ると信じる意志が激突する二段組650ページ。大作ですが、派手な活劇や戦闘シーンが多く、話もテンポよく進むのでスピーディに読めます。

 戦闘美少女ものラノベとして読んでも、ボーイ・ミーツ・ガールの青春小説として読んでも、ロボットテーマの本格SFとして読んでも、いずれも満足のゆく出来ばえ。ラノベ感覚が苦手な硬派SF読者も、読んでおいた方がいいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『氷上の舞  煌めくアイスダンサーたち』(田村明子) [読書(教養)]

 「長年の取材の経験から、選手たちは技術に関しては、決して嘘をつかないことを知っている。技術のことになると、国籍にかかわらず、巧いものは巧いと賞賛し、褒められないものははっきりと否定する」(単行本p.34)

 フィギュアスケート競技の華、アイスダンス。名スケーターたちのエピソードと共にアイスダンスの歴史を解説してくれる一冊。単行本(新書館)出版は、2012年05月です。

 「「カナダの呪い」は、フィギュアスケートの関係者の間では有名な話だった。(中略)ヴァーチュー&モイアのメダルは、フィギュアスケート史上初めてカナダの選手が勝ち取った五輪金メダルだった。そしてアイスダンスで、北米出身の選手が五輪金メダルを獲得したのも、これが史上初のことだったのだ」(単行本p.8)

 私もバンクーバー五輪のテレビ中継でヴァーチュー&モイアのマーラーを観て、衝撃を受けた一人です。それまでアイスダンスには特に興味がなかったのですが、このパフォーマンスに感激してからというもの、衛星放送の有料スポーツチャネルに加入して、翌シーズンからこまめにアイスダンス放送をチェックするようになりました。

 シーズンが始まると、全米、カナダ、ロシア、欧州、四大陸と、もう毎週のように各国でアイスダンス選手権が開催され、もちろんグランプリシリーズもあり、合間を縫うようにアイスショーも放映され、その熱気と興奮が世界選手権まで半年近く続くのです。

 最初は名前すら覚えられなかったスケーター達も、二年目くらいになるとお馴染み感が出てきて、思い入れも強まるし、そうするとますます魅力的に見えるんですよ、アイスダンス。

 繊細なヴァーチュー&モイア組、豪快なデイヴィス&ホワイト組、優雅なシブタニ兄妹。ペシャラ&ブルザは何といってもお笑いが楽しい。エレーナ・イリニフの美少女っぷりにはほれぼれ。

 ところが、困ったことに、解説を聞いてもときどきよく分からないことが。「コンパルソリーが廃止されたので」とか「新採点方式では」といった言葉。ことあるごとに口に出される「シュピルバンド」、あるいは「チャイコフスカヤ」、ボレロが使われると当然のように言及される「トーヴィル&ディーン」といった名前。バンクーバー五輪より前のことを何も知らない自分が恥ずかしい。

 前ふりが長くなってしまいましたが、そういうわけで本書はとてもありがたい解説書です。英国でアイスダンスが誕生してから、ロシア勢の興隆を経て、北米勢がトップに躍り出てくるまでの歴史を分かりやすくまとめてくれます。

  新採点方式の採用に至る流れとその影響、コンパルソリーダンスの廃止などの歴史も詳しく解説され、さらに名スケーターや名コーチ達のエピソードも豊富。

 「プロに転向したトーヴィル&ディーンは、アイスショーのメインスターとなった。そして行く先々でこの「ボレロ」を滑って欲しいと頼まれ、なんと1500回ほどもこのプログラムを繰り返し滑ってきたのだという」(単行本p.28)

 アイスショーのメンバーとして米国にやってきて、そこで友人の亡命に巻き込まれて心の準備もないまま自分も亡命してしまったイーゴリ・シュピルバンド。彼が育てた選手たちが故国ロシアで開催された世界選手権でアイスダンスの表彰台を独占したという皮肉。

 ヴァーチュー&モイア組は「オフアイスではカップルではない。だが競技中はほとんど一緒に行動していて、お互いをサポートし合っている」(単行本p.164)のに対して、デイヴィス&ホワイト組は「記者会見でも互いの発言に耳を傾ける風もなく、終わるとあっさりそれぞれ思うままの方向に歩いて行く。滑っているとき以外は一緒にいる姿を見たことがない」(単行本p.166)のだそうで。
 
 デイヴィス&ホワイト組といえば、二人のボリウッド舞踊を見たインド代表の女子シングル選手が「私たちインド人が踊るより巧い」(単行本p.172)と絶賛したという話。あるいは、同じデイヴィス&ホワイト組のタンゴを見た男子選手が「子どもが2人、リンクを走り回ってアクロバットのようなものを見せていただけ」(単行本p.182)と酷評したという話。

 といった具合に、ごく最近になってアイスダンスに興味を持った読者が、歴史をざっと学ぶのに最適な一冊です。上で紹介した話題の他にも、不倫騒動やら不正疑惑、嫉妬や敵対、マスコミの心ない中傷、など有名どころのゴシップもしっかり解説されており、読んでいて退屈しません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『UFOはもう来ない』(山本弘) [読書(SF)]

 「おそらく地球人は、「知的」だと思いこんでいるだけで、実際には知的生物ではないのだろう。もしかしたら、それこそが異星人がコンタクトしてこない理由なのかもしれない」(単行本p.418)

 UFOカルト教団にアブダクトされた触手系タコ型異星人を救出せよ! ファーストコンタクトした少年たち、美人UFO研究家、UFO番組ディレクターらが組んで仕掛けたコン・ゲームの行方は。一部読者感涙必至の円盤ハードSF。単行本(PHP研究所)出版は、2012年12月です。

 ひそかに地球を監視していたUFOが不時着し、現場にやってきた少年たちが取り残された異星人とファーストコンタクトする。異星人は少年たちにかくまわれたものの、その存在を不都合と見なすUFOカルト教団によって拉致されてしまった。こうして、少年たち、美人UFO研究家、UFO番組ディレクターが、囚われた異星人を救出するためにUFOカルト教団に闘いを挑むことに。

 『E.T.』をはじめとして何度も語られたストーリーですが、この話をパロディでもファンタジーでもなく大真面目なハードSFとして書くという、意表をついた作品。UFOネタ小説としても、SFとしても、ジュブナイルとしても、非常によく出来ています。何より、痛快無比の面白さ。

 丁寧に書き込まれたUFO墜落シーケンス(個人的には、反物質が大気中に放出されたときの描写にシビれた)、よく練られた異星人の設定(巻末に「解説」として設定資料が付いています)、細かい段取りとサスペンスで読ませる異星人争奪戦、そして興奮と感動のクライマックス。読み所は満載です。

 異星人がタコ型だったり、UFOが円盤じゃなくてブラックトライアングルだったり、地球を監視する目的が主にUFO番組やB級SF映画のコレクションだったり、しかも必要以上に録画の画質にこだわるあたりが一部地球人の共感を呼んだり、異星人よりむしろ希少と思われる「若い美人UFO研究家」が活躍したり、それも大阪弁でぽんぽん威勢よくしゃべるしUMAハンター馬子が若かったらこんな感じかも知れないと思わせたり、あとUFOカルト教祖である詐欺師のキャラクターにも説得力があって悪役として魅力的だったり、読者の心をくすぐる仕掛けもたっぷり。

 最初に目次を見たとき、もしやこの各章タイトルのネタが全て分かるような読者しか相手にしない作品なのではと不安になりましたが、決してそんなことはありません。UFO文化についてあまり知らない読者でも、素直に楽しめるエンターティメント作品です。もちろんUFOネタは頻出しますが、あくまで分かる人だけニヤリとして下さい、という扱いです。

 少年たちの冒険を描いたジュブナイル小説としても読めますが、私のようなSF好き中年男性の心をとらえるのは、本物のUFO、本物の異星人についに出会った、というときの、大人たちの大人げない反応でしょう。

 「あせりを覚える反面、高揚もしていた。これこそ自分がやりたかった番組だ。演出はない。誇張はない。ヤラセもない。人形やCGでこまかしたりもしない。正真正銘の真実を伝える番組だ」(単行本p.500)

 「子供のように眼を輝かせ、画面を見つめて、「やった、やった、やった・・・」と小声でつぶやいていた」(単行本p.509、510)

 「ただ・・・ただ・・・嬉しかったんや・・・ほんまやねん・・・嬉しいねん・・・こんな・・・こんなことがほんまにあるやなんて・・・」(単行本p.264)

 UFO界のあまりの愚劣さに辟易しながらも、でも本物のUFOや宇宙人にひょっこり出会うことをいまだ夢見てるいい歳した大人は、随所で「とうとう夢がかなった」喜びにじんとくるはず。

 「こんな不景気で暗い世の中で、名もないエキストラの一人として、ぱっとせん人生を歩んでいかなあかんねん。心のどこかで、この世の中が根本的にひっくり返ることを望んでるんとちゃうかな。何もかもチャラになったら、自分の人生も今より良うなるかも・・・そう期待してる人は多いんとちゃうやろか」(単行本p.408)

 そして、タイトルの意味が明らかにされ、感動的なラストがやってきます。何よりも、クラークの名作SFのタイトルが決めゼリフとなるのが嬉しい。UFOとSFの距離が近かったあの頃、SF が確かに持っていた、あの素朴だけど力強い感動を今になってまた味わうことが出来るとは。

 「人間が解決すべき問題やのに、神様とか異星人とかをあてにしてたらあかんわ。『空に向かって祈ってたら、いつか誰かが助けてくれる』なんて思てたら、結局、何も解決せえへん」(単行本p.555)

 というわけで、UFOをテーマとした真面目なSFは意外に少ないとお嘆きの方、着陸したUFOのハッチが開いてタコ型宇宙人が触手で操縦するウォーカーマシンが出てくる小説を読みたい方、コクタクティがUFO内のトイレについて決して語らないのをつねづね不満に思っている方(作中でちゃんと描写されます)、そして少年と元少年と美人のお姉さんが世界の命運をかけた冒険に挑む話とかやっぱ好っきゃねんっという方。ぜひお読みください。


タグ:山本弘
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ふしぎな110番  警察本部の通信指令課に「本当に」寄せられた110番通報」(橘哲雄) [読書(教養)]

 「車を買いたいんですけど」、「俺の味方の警官が来ないんだ!」、「昨日テレビでやっていた指名手配犯人を2週間ほど前に駅のホームで見ました」。実際に警察に寄せられたヘンな110番通報を紹介する本。単行本(彩図社)出版は、2012年06月です。

 退職した元警察官が書いた、奇妙な通報、ツッコミどころありすぎ通報、そんなこと言われても警察だって困る通報など、一般市民から寄せられた110番通報を集めた一冊です。思わず笑ってしまいます。

 まず印象に残るのは、通報内容そのものに一発インパクトを感じるもの。

  「お年玉のお金をお母さんに預けたのに、返ってきません」

  「クマが倒れています」

  「車を買いたいんですけど」

  「彼が悪いのに謝らないんです。そばにいるので叱って下さい」

  「全裸の女性が電話ボックスで泣いています」

  「あんなロクでもない男、もう我慢出来ない」

 通報内容というより、その状況がインパクト大というケースも。
 
  「アパートの玄関の前に男が立ってドアを叩いている。助けて下さい」
  (ドアを叩いていたのは警官。通報者は指名手配被疑者)

  「私をつけ回す男がいたので声をかけたら、車を放置して逃げた」
  「暴力団風の男に因縁つけられそうになり、車を放置して逃げた」(同時刻、別の通報)

  「自動車の助手席に女性が縛られて乗せられていた」(女性の趣味と判明)

  「異常発報。多重で感知しています。店内で動いています」(警備会社からの緊迫感に満ちた通報。急行したら猫が店内をうろうろ)

  「昨日、テレビでやっていた指名手配犯人を、2週間ほど前に駅のホームで見ました。早く捕まえて下さい」

 ときには、通報内容より何より、警察とのやりとりで思わず失笑してしまうパターンも。

  「子供が行方不明になりました」
  「いつからいないのですか?」
  「昨夜の11時に酔っ払って家に帰ったらいなかったのです」
  「どうして今頃の届け出になったのですか?」
  「実は、妻もいないのです」
  「それは、家族の家出ではないですか?」

  「警察官がいつまで経っても来ないじゃないか」
  「確認したところ、すでに警察官は着いているようですが」
  「俺の味方の警官が来ないんだ!」

  「はい、110番です。事件ですか? 事故ですか?」
  「事件か事故とは何だ。その他の場合だってあるだろう」
  「何がありましたか?」
  「それぐらい察してみろ」
  「住所とお名前をお願いします」
  「当ててみろ。若造では分かるまい」

  「ひったくりの被害はお昼の12時頃です。お昼を食べて、銀行に行って、通帳類の停止手続きをして、家に戻って来て連絡しました」
  「まずは早い通報をお願いします」

  「いろいろ気になり眠れないんです」
  「私たちが起きています。安心して寝て下さい」

 職務とはいえ、ご担当の方々、ご苦労さまです。善良な市民として、不必要な110番通報はしない、110番通報したときは要点を的確に伝える、ということを心がけたいと思います。でも興奮していたら、人間何を口走るか分かったもんじゃありません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『タマゾン川  多摩川でいのちを考える』(山崎充哲) [読書(教養)]

 「たまたまだれかが飼いきれなくて放した。このアロワナ一匹だけであれば、わたしもそう考えたかもしれません。いや、そうであってほしかった。でも、じっさいは違いました。アリゲーターガーパイク、ノーザンパイク、グッピー、セルフィンプレコ、オスカー、ピラニア・・・。ほかにもいるはずのない魚が多摩川でつぎつぎと発見されたのです」(単行本p.17)

 多摩川の生態系を破壊しつつある外来種の脅威について、小学生高学年でも理解できるように易しく解説した一冊。単行本(旬報社)出版は、2012年07月です。

 「ペットとして外国から輸入される魚は、なんと年間約5000万匹にものぼります。(中略)もういらないって、もう飼えないって、捨てる人たちが大勢いる。その結果がタマゾン川なのです」(単行本p.51)

 南米産の魚類が多摩川に捨てられて繁殖している、これでは多摩川ならぬ「タマゾン川」だ、というのが本書のタイトルの由来です。ちょっとユーモラスで軽い感じの言葉ですが、実態はかなり深刻だということが本書を読めばよく分かります。

 「日本で進化をとげてきた生き物でなければ結局、環境と共存できないのです。いちばんわかりやすいのがブラックバスのいる池です。(中略)ブラックバスは在来種を完全に食べつくします。魚だけでなく、ヤゴなどの水性昆虫もつかまえ、ほかにエサがにもなくなると、こんどはブラックバス同士での共食いです。そうなると、そこは最終的にブラックバスさえいない池になる。多様な生き物のくらしが失われた環境は、死そのものです」(単行本p.49)

 「2009年秋、多摩川でアユの大量死が発生しました。お腹がふくれ、眼球が飛び出し、体には赤いはん点・・・こうした症状の数万匹ものアユの死がいが多摩川にあふれました。(中略)その結果は水産関係者に大きな衝撃をあたえるものでした。エドワジエラ・イクタルリ感染症。舌をかみそうな名前ですが、これは北アメリカ原産のアメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ)だけがかかる病気です」(単行本p.77)

 「外来種は見えます。だからまだ対策の立てようもあるのです。けれど細菌やウイルスは目に見えませんから、対策の立てようがない。川を消毒するなんてできっこありませんから。人間が思いもよらない影響をほかの生き物にあたえてしまう。それが外来種問題のおそろしさなのです」(単行本p.80)

 こうして多摩川の外来種問題を中心に、生態系と人間との関係を子供にも分かるように易しく解説してゆきます。著者の多摩川への思い入れも余すところなく書かれており、実に感動的。

 高度経済成長期に多摩川がどれほど汚染された「死の川」だったか。それが現在は「日本最後の清流といわれる美しい四万十川とほとんど変わらない」ほど浄化され、「毎年、春になると100万匹以上ものアユが俎上してくる」ようになったという、いわゆる「多摩川の奇跡」はどのようにして実現したのか。

 捨てられる外来種を減らすための試み「おさかなポスト」、多摩川温暖化の問題、軽く見られがちな国内間外来種問題、など多摩川を中心に様々な話題が登場します。個人的には、首都圏計画停電により危うく多摩川生態系が完全に破壊される瀬戸際だった、という話がショッキングでした。多摩川の豊かな自然が、電力の安定供給によって(あるいは「原発によって」といってもよいのかも知れません)支えられているという皮肉。自然と文明の共存について考えさせられる話です。

 「年間に多摩川を訪れる人を数えると2000万人にのぼるそうです。すごいな、と思います。でもヘンだよな、とも思います。それだけの人が毎日多摩川を見ているにもかかわらず、そこにアロワナやピラニアが泳いでいたことに、だれも気がつかなかったわけですからね」(単行本p.24)

 「とくに都会を流れる川であれば、網を入れればかならず外来魚がとれます。東京の墨田川、大阪の淀川、名古屋の庄内川、日本中どこにでもいます。ただみんなが川に関心を持たないから、ばれていないだけ」(単行本p.55、56)

 私は多摩川沿いの街に暮らし、多摩川に沿って走る電車で通勤しているのですが、実は多摩川についてほとんど何も知らなかった、外来種問題についても自分とは縁遠い話題だと思っていた、そのことに本書を読んではじめて気がつきました。

 というわけで、多摩川に関心のある方はもちろん、外来種問題を初めとする生態系危機、生物多様性問題について、身近なところから学びたい方、そして学校の自由研究の題材を探している方など、多くの方に一読をお勧めします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: