SSブログ

『カラマーゾフの妹』(高野史緒) [読書(ファンタジー・ミステリ・他)]

 父殺しの事件から13年後、特別捜査官となったイワン・カラマーゾフは、真相を明らかにすべく現場を再訪する。彼を待っていたのは、あの事件と同じ凶器を用いた新たな殺人、そして「悪魔」の再出現。一方、コーリャと再会したアリョーシャは、モスクワの地下で驚くべきものを見せられる。それは19世紀のロシア、いや地球上には、決して存在するはずのないものであった。

 真実はいつもひとつ!
 はたして名探偵イワンは「真犯人」を見つけられるのか。そしてアリョーシャは皇帝暗殺に成功するのだろうか。古典の書かれざる「第二部」に挑み、第58回江戸川乱歩賞を受賞した長編ミステリ。単行本(講談社)出版は、2012年08月です。

 古典として名高い『カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー)には、13年後の出来事を書いた「第二部」の構想があり、しかも完成時には第二部の方がメインとなる、ということは著者自身が明記しています。しかし、その死により結局「第二部」は書かれないままに終わりました。

 それが今年になって、幻の「第二部」に挑戦した作品が二冊も出版され、大きな話題になったのです。一つは『屍者の帝国』(伊藤計劃×円城塔)(2012年08月28日の日記参照)、そしてもう一冊が本書というわけです。

 どちらの「第二部」にも、アリョーシャとコーリャによる皇帝暗殺の試み、というプロットが含まれています。これは、元々のドストエフスキーの構想に対して敬意を払ったものでしょう。もう一つ、両作に共通しているのは、文学とSFにまたがって活躍している作家の手による、ミステリとスチームパンクSFの融合を狙って書かれたと思しき話である、という点。

 というわけで、高野史緒さんによる「第二部」です。

 極めてストレートな続編として幕を開けます。今やロシア内務省の特別捜査官となったイワン・カラマーゾフが、13年前の父殺しの現場に戻ってきます。科学捜査やプロファイリングなど最新の犯罪捜査法に習熟し、さらに英国のさる名探偵から学んだ今のイワンなら、あの事件の真相を明らかに出来るかも知れないのです。

 「年齢は二十代後半から三十代半ばくらいの男性で、右利き、背はラキーチンと同じくらいか、いくらか高い。家族、特に異性を含んだ家族と同居していて、部屋は散らかってはいないだろう。かなりの程度の教育を受けていて、まともな社会的立場があるはずだ。(中略)おそらくスラヴ人の男性だ」(単行本p.117)

 さすが誰かさんに学んだだけのことはあります。しかし、その優れた推理力をもってしても、13年前の事件の再捜査は難航。その上、かつてイワンを苦しめ翻弄した「悪魔」までが再出現して、彼を追い詰めてゆきます。どうやら事件の背後に隠された秘密は、イワンとアリョーシャの幼少期にあるらしい。そこには、少年スメルジャコフの姿、そしてカラマーゾフ家の末娘の存在が・・・。

「俺はあの事件以来、自分に対する嫌悪感がなくならないんだ。スメルジャコフを犯行に向かわせた俺を、良くないことが起こると知りつつモスクワに逃げた俺を、事件の前の晩、親父の様子を立ち聞きした俺を、どうしても許すことができない。俺は自分が取ってきた行動の根源を知りたいし、俺に対する俺自身のコントロールを取り戻したいんだ」(単行本p.138)

 こうして物語は、イワン・カラマーゾフが「第一部」で示した混乱した言動の謎に迫ってゆき、その奥底に隠されたトラウマを暴いてゆくことに。いわば『カラマーゾフの兄弟』という小説に対して、フロイト流の精神分析を試みるのです。

 「第一部」の精神分析から明らかにされるのは、登場人物たちが隠し持っていた、性的倒錯、精神病質、解離性障害、共依存など異常心理の数々。そして、ついに「ドミートリーでもなければスメルジャコフでもない」(単行本p.7)と序文で明記されている真犯人の正体が明らかに・・・。

 「真相まであと一歩というところまで迫っておきながら、最も重要な点を見逃している。極めて重要な、絶対に逃してはならない点をだ。何故誰も気づかなかったのだろう?」(単行本p.193)

 と、これだけでも文芸ミステリとして満足できるでしょうが、本書にはもう一つ、別のプロットが含まれていて、これがもうSF読者大喜び。

 グルーシェニカの手引きで地下組織に入ったアリョーシャは、かつて自分を崇拝する利発な少年だったコーリャ・クラソートキンと再会し、皇帝暗殺を目指すことになる。ここまでは「構想」通りの展開ですが、本作がファンタスチカ、というかスチームパンクSFになるのはここから先。コーリャがモスクワの地下で密かに開発していたもの。それは。

 「階差機関(ディファレンス・エンジン)のプログラムを設定してやれば、いくらでも計算できるのですよ! 僕の機械はメモリやそのアドレスを持ち、独立した中央演算部を持っています。(中略)これはバベッジさえ想像しなかった機械なのです」(単行本p.169)

 それはもはやディファレンス・エンジンというより、書き換え可能プログラム内蔵型ノイマン方式デジタルコンピュータそのもの(注:19世紀です)。プログラムを担当するのは、謎の天才少女エイダ。モスクワ川の水を地下に引き込み、このマシン専用の水力発電所まで建造してしまうコーリャ。モスクワの地下なら何でもアリなのか。

 ついに登場するは建造中の巨大宇宙船。もちろんモスクワの地下だから何でもアリなのです。すでに軌道上への人工衛星打ち上げに成功している(注:19世紀です)コーリャが抱いている驚くべき野望。史上初の有人宇宙ロケット打ち上げは果たして成功するか。

 こうなると皇帝暗殺とかもうどうでもいいような気がしますが、それでもコンピュータや宇宙船に背を向けてドストエフスキーの想定プロットを律儀に守ろうとするアリョーシャ。彼はつくづくSF向きじゃないなあ。

 「ミステリーとして読んでも、カラマーゾフ家をめぐるメタフィクションとして読んでも、帝政ロシアを舞台にしたスチームパンクSFとして読んでも、見事におもしろい奇跡的な一作。高野史緒さん、おめでとう」(石田衣良氏による選評より。単行本p.317)

 乱歩賞受賞作品ということでミステリ読者は当然読んでいるでしょうが、SF読者、特にスチームパンク好きにとっても見逃せない一作。『屍者の帝国』(伊藤計劃×円城塔)と読み比べてみるのも一興でしょう。この二作を皮切りに、これから続々と「カラマーゾフの兄弟 第二部」(通称カラマニ)が書かれることを期待したいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『DEDICATED 2012 IMAGE』(中村恩恵、首藤康之) [舞台(コンテンポラリーダンス)]

 2012年10月20日(土)は、夫婦でKAAT神奈川芸術劇場に行って、中村恩恵さんの新作公演を鑑賞しました。映像とダンスのコラボレーション作品で、映像は操上和美さん、共演は首藤康之さんです。

 首藤康之さんのソロ『Between Today and Tomorrow』と映像作品『The Afternoon of a Faun ~ニジンスキーへのオマージュ~』の後、いよいよ始まる中村恩恵さんの振付作品『WHITE ROOM』(世界初演)。

 TV画面に映る10年前の『ブラックバード』(世界的に有名なコレオグラファ、イリ・キリアンが中村恩恵さんのために振り付けた名作)の映像。その前で、現在の中村さんが卵を片手に踊ります。

 『ブラックバード』を踊ったとき懐妊していた中村さん、卵を抱えて踊る今の中村さん。この二人の「共演」により、過去と現在が鮮やかに結びつけられます。その姿、まるでかつて自分に託された『ブラックバード』から、新たな作品を産み出そうと苦しんでいるかのよう。

 しかし、ここまではすべて映像の中。舞台背景として投影されたこの映像を前に、さらに首藤康之さんが踊るのです。その後も、映像と実演を交差させながら、ブラックバードを越えるための苦悶は続きます。

 細密にして高密度、異常に解像度の高い(情報量の多い)中村さんのダンスを観ていると、背中に戦慄が走ります。内へ内へと向かうようなこの抑制のきいた中村さんのダンスと、力強く華のある首藤さんのダンス、これが実に相性抜群。たとえていうなら、焼肉にポン酢、煮込肉にシャンツァイ(パクチー)。いや、そのたとえはどうだろう。

 中村恩恵さんと首藤康之さんの共演で話題になった『Shakespeare THE SONNETS』から1年、中村恩恵さんが『ブラックバード』を踊ってから10年。この節目の年に、この二つを合わせて発展させた作品がこの世に産まれ落ちました。その場に立ち会えて良かった。

[キャスト]

『Between Today and Tomorrow』

  振付: 中村恩恵
  出演: 首藤康之

『The Afternoon of a Faun ~ニジンスキーへのオマージュ~』(映像作品)

  映像: 操上和美
  出演: 首藤康之

『WHITE ROOM』

  振付: 中村恩恵
  アドバイザー・振付: イリ・キリアン
  映像: 操上和美
  出演: 中村恩恵、首藤康之


タグ:中村恩恵
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『曼荼羅の宇宙』(振付・演出:森山開次、音楽:高木正勝) [舞台(コンテンポラリーダンス)]

 2012年10月19日(金)は、夫婦で新国立劇場に行って森山開次さんの新作公演を鑑賞しました。曼荼羅(マンダラ)の宇宙観をダンスで表現する、という野心作です。

 まずは第一部「書」。五名のダンサー(黒装束)が登場して、風や水などの自然、あるいは様々な生き物を連想させるダンスを踊る、という一時間ほどの作品です。忍者のごとき軽やかな身のこなし、遊び心あふれる仕草、さらには曲芸めいた動きまで取り入れ、観客を沸かせます。

 融通無碍に思えたそれらの動きの要素が次第に組み合わさって構造をとり始め、やがて宙に筆を走らせる動きが現れ、ついに曼陀羅(おそらく金剛界曼荼羅)が舞台に投影されて完成。

 いわば森羅万象の様々な断片をクローズアップで映していたカメラが、次第に背後に引いてゆき、じわりと世界の全貌が見えてきたと思ったら、それは曼陀羅の構造をしていました、といった感じでしょうか。卵から始まって、卵で終わる、という循環がいかにも。全体的に軽快でユーモラスな印象でした。

 20分の休憩後、第二部「虚空」が始まります。ピアノの生演奏(高木正勝)を背景に、舞台上に作られた巨大な箱というかテーブル(観客席に向かって傾いている)の上で、森山開次がソロで踊る40分ほどの作品。

 第一部とはがらりと雰囲気が変わって、恐ろしいほどの緊張感に満ちています。暗闇のなか、一条の光に照らされて立つ白装束の森山さん、その肉体美ときたら、もはや人間というより仏像。白塗りの仏像が踊ります。

 しゅっと手刀が宙を切り、だんっと足で大地を踏みしめ、驚異的な身体コントロールによりあり得ない姿勢でぴたりと静止する。圧巻です。正直にいうと、白塗りの仏像というより、妖怪の仕業に見えてきましたけど。いずれにせよ神秘体験。

 おそらく仏教的世界観(色即是空とか)をダンスで表現しているのでしょうが、何しろその超絶的な動き、鋭い呼気、身体から放たれるエネルギー、いずれも圧倒的で、意味とか考える余裕はありません。ひたすら緊迫感に包まれます。

 途中で天井の機器がカンカン音をたてて、劇場が揺れ、さすが森山さんから放たれる気のエネルギーはすごい、などと一瞬感心したり。むろん地震だったのですが、その瞬間も劇場を包んでいる緊迫感にいささかの変化もない、というのが驚きです。幸い、揺れはすぐにおさまり、そのまま続行。

 持続する緊張感のあまり、終わったときには疲労困憊。まるで、もののけの類に生気を吸い取られたようでした。森山開次さんのダンスを観るには、観客にも体力が必要だとつくづく思いました。

[キャスト]

第一部「書」

  演出・振付: 森山開次
  出演: 柳本雅寛、佐藤洋介、龍美、東海林靖志、三浦勇太

第二部「虚空」

  演出・振付・出演: 森山開次
  音楽・演奏: 高木正勝


タグ:森山開次
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

島野律子詩集『むらさきのかわ』(ふらんす堂) [その他]

 私の配偶者でもある島野律子さんの第一詩集が、ふらんす堂より出版されましたのでお知らせいたします。

  商品詳細ページ
  http://furansudo.ocnk.net/product/1857

  ふらんす堂による紹介
  http://fragie.exblog.jp/18063557/


 献本を希望される方は、以下のいずれかにより連絡下さい。郵送に必要なので住所を明記お願いします。

・mixiメッセージ

 マイミクでない方は、友人を「プロフィールで探す」にて、「島野 律子」で検索してみて下さい。

・Twitterのダイレクトメッセージ

 @shimanoritsuko

・電子メール

 連絡方法については、以下のページを参照して下さい。

  弱拡大「島野律子作品集」
  http://www.aa.cyberhome.ne.jp/~babahide/ 


 また、何らかの方法で私(馬場秀和)に連絡頂いても構いません。どうかよろしくお願いいたします。


タグ:同人誌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『エリック』(ショーン・タン、岸本佐知子:訳) [読書(小説・詩)]

 「なんだか落ちつかない気配が家の中に漂っていた。何かが宙ぶらりんのような、何かやり残していることがあるような。そんな変な気分のまま、何時間かがすぎた。そしてついに、だれかが台所の戸棚の中にあれを見つけたのだ」

 『アライバル』、『遠い町から来た話』、『ロスト・シング』などの絵本、グラフィックノベルが大きな話題となったショーン・タン。その『遠い町から来た話』に収録されていた「エリック」を切り出して独立した小さな絵本に。単行本(河出書房新社)出版は、2012年10月です。

 わが家にやってきた何だかヘンテコで小さな交換留学生、エリック。ぼくたちは一生懸命に歓迎したけど、彼が喜んでいるのかどうかはよく分からない。エリックが興味を示すのはぼくたちが気にも止めない小さなものばかり。でも、母さんは、どんなにわけがわからないことでも、「きっとお国柄ね」とだけ言って、あっさりと受け入れてしまうのだった。

 『遠い町から来た話』(2011年10月17日の日記参照)に収録されている話のなかでもひときわ印象的だった「エリック」が、独立した単行本になりました。文庫本サイズで、きれいな青緑色をした、コンパクトな絵本です。

 内容的には『遠い町』収録バージョンとほぼ同一です。文章は、より細かく区切られてリズム感が変わっているものの、一語一句変わりません。絵は、サイズが変更されたり配置に変化があったりしますが、基本的に同じものです。ただ、ラストの見開きイラストに少し修正が加わり、それを受ける形で、最後にイラストが一枚追加されています。

 ほとんど同じものなので、既に『遠い町から来た話』をお持ちの方が、改めて手に入れる必要性は薄いかも知れません。ただ、コンパクトで綺麗な絵本なので、プレゼントにするのはアリですね。気に入ったら、『遠い町から来た話』や『アライバル』をお勧めするという手筈で。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: