SSブログ

『TRANSVERSE ORIENTATION』(ディミトリス・パパイオアヌー) [ダンス]

 2022年7月30日は、夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行ってディミトリス・パパイオアヌーの公演を鑑賞しました。2021年初演の最新作です。上演時間は105分。

 三年前の来日公演『THE GREAT TAMER』がちょっと忘れがたい衝撃だったので、今回もこちらの理解や認識が追い付かないようなべらぼうなものを見せてくれるのではないかと期待していたのですが、いや期待以上でした。ちなみに前回来日公演時の紹介はこちら。

2019年07月01日の日記
『THE GREAT TAMER』(ディミトリス・パパイオアヌー)
https://babahide.blog.ss-blog.jp/2019-07-01

 今作も次から次へと休む間もなく奇怪なイメージがくり出され、まるで悪夢のなかにいるような気持ちになります。なかでも数名で操演する巨大な牛は圧巻。他にも二人の出演者がくっついて合成人間として歩いたり、ビーナスが全身から水を吹き出したり、舞台を海に海辺に変えてしまったりと、ひとつひとつの演出に驚きが。

 冒頭近く登場するエウロペやミノタウロスなどギリシア神話のモチーフに気をとられていると、すぐ全裸になって有名な西洋絵画のシーンをそのままやってしまう。過剰にまき散らされた神話や絵画のイメージが、背広を着た現代人たちと重なって、強いインパクトを生み出します。最初から最後まで驚きと戸惑いに満ちた謎めいた作品で、その衝撃は深いものがあります。舞台芸術のすごみを目の当たりにして思考がぶっとぶような公演でした。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。