SSブログ

『Bridge』(北爪満喜) [読書(小説・詩)]

――――
赤い鉄塔は少し懐かしい
ふるふると目の奥で滲みだす 祖母や母との古い暮らし
家の中のまどろみ 団欒 温かい良く動いた手
祖母は母は 支える 支え続けてきた
アーチのようなものを日々を
能力はひっそり家の中に閉ざされ幽かにされてゆき
他の何かになれなかった
(中略)
並ぶ白いネジの頭には茶色い錆がギザギザ走って
霞んで震えてわからなくなる亀裂の走る今この時を
斜めに止められた鉄骨のように 祖母たちや母たちが現れて
生キ延ビテ、と叫びを上げて
娘の橋 橋を支える
――――
「Bridge」より


 印象的な光景に導かれるように深みに潜ってゆく詩集。単行本(思潮社)出版は2020年10月です。


――――
青いポールを見つめ続けていると
目を離したとき赤になるので見つめない
――――
「水の夢」より


 多くの作品に、はっとするような光景が現れ、カラー写真のように鮮やかに、視覚的に表現されます。そこから連想や暗喩により世界が広がってゆくのです。


――――
口を結んで歩いている ドラッグストア自販機コンビニ喫茶店
交差点で立ち止まり下を向くと
歩道に一枚だけ大きなタイルが貼ってあり
バッタが描かれていた
草の茎の上 足を折りたたんで 今にも飛びそうに目を光らせるバッタ
――――
「口を結んで」より


――――
青緑色の水中に 横ざまに倒れて
沈んでいる
知らない自転車の
いつ沈められたのかわからない車輪は
藻だらけで
ゆらゆらする波にゆすられ 歪んで
いびつに見える

捨てられた日からずっと
港をゆく人々に見られて
消えられないあれを
――――
「消えられないあれを」より


――――
上がった雨
陽の座る木製のベンチの後ろへまわると
影のなか木のすきまから
ベンチは無数の雫を砂へ落としていた
何列もの雨粒の跡が線になってついている

後ろからみたら
私のすきまは どんなふうに雫を落とし続けているだろう
消えずに私とともにあってくれるのはどのくらいの間だろう
――――
「まだ落ちてこない雨が」より


 実際の光景だけでなく、絵に描かれたものや心の奥にある言葉でさえ巧みに視覚化されており、強い印象を残します。見える詩集です。


――――
私も漫画をまねてみたい
まねる絵を一つ決めて何度も描いてみた
みたけれどつまらなくて
気持ちがぐにゃりとしたゼリーになった
でもあなたは好きだから崩れない
まねたのは小犬だったけれどもう名前すら覚えていない

年賀状の絵の鳥に見たはじめてのあなた
翼じゅうを光の十字で散りばめた
はじめてのあなたの内側にあるきらめき
――――
「光の十字」より


――――
感覚しないまま書いた言葉が
書き続けてきた小さな言葉が
揺れ動く木々のその奥へ
私の私たちの棲まうほうへ
響いてきて悲鳴をあげた
閉ざしてきた深みから
ようやくあげられた悲鳴
混じり合って
暗闇が裂け
青がとくとく溢れ流れた
――――
「輪郭線」より


――――
体の奥の野原に
古い木の扉が立っていて
ぎぃー と開く
すると白く乾いた土の道に 父と母が並んで立っていて
その背後に無数の父と母が果てしなく並んでいる
白く乾いた土の道で
みな眼を伏せている
光は もう失っている身体には
いらないのだろう
透き通った風が父母たちのなかを吹いてゆく

どこまでも並ぶ無数の父母たちの列の
その隣り
もう一組 私を育てた父母がいて
空のまなざしのような光を受けている
後ろにはあの土の道はなく
言葉で道ができている
――――
「光の切れ端をあつめる」より





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。