SSブログ

『海蛇と珊瑚』(藪内亮輔) [読書(小説・詩)]

――――
わたくしのハイパー名歌がけなされてあなたの駄歌がほめられて、夏
――――
おまへもおまへも皆殺してやると思ふとき鳥居のやうな夕暮れが来る
――――
片翅に「死ね」片翅に「死ぬ」と書きはなつた蝶がどこまでも飛ぶ
――――
言葉つて野蛮だけれど鎮魂のなかにちんこがあるのだけは好きだ
――――
「だからあんたの歌は驚度が低いつて何回言へばウツボになるの」
――――


 おまへもおまへもみな大根で撲殺してやる、あとリア充は死ね。青春の鬱屈した心情を驚度低くうたうハイパー名歌集。単行本(KADOKAWA)出版は2018年12月です。


 まず印象的なのが歌人としての気持ちを率直によんだ作品の数々。


――――
「冬の鷺」とかいふ塔の受賞作、旧かな間違ひ多くつてGood(グー)
――――
音楽をききながらヒューと書き上げた連作をみんな ほめる ほめる
――――
わたくしのハイパー名歌がけなされてあなたの駄歌がほめられて、夏
――――
ヒッヒッヒッとスウプ混ぜたら引かれたり一日一首もつくれないやつに
――――
「だからあんたの歌は驚度が低いつて何回言へばウツボになるの」
――――


 一人の若者として青春の日々をうたった作品もインパクトがあります。


――――
噴水は無数のしろき傷を噴きリア充は死ねと本気でおもひき
――――
カップ麺の下に敷きたる新聞にリア充の焼け死ぬをみてゐた
――――
おまへもおまへも皆殺してやると思ふとき鳥居のやうな夕暮れが来る
――――
なんとなく嫌ひだよつて人ばかりあつめて紫陽花にしてしまひたい
――――
大根で撲殺してやると思ひたち大根買つてきて煮てゐたり
――――
鶏の唐揚げ(とりから)にレモンはかけて種付きのやつをきみらによそつてあげる
――――
片翅に「死ね」片翅に「死ぬ」と書きはなつた蝶がどこまでも飛ぶ
――――
もうちよつと明るくしないと駄目ですよつて言はれてなれるならなつてゐる
――――


 いつも「死ね」「殺す」ばかり歌っているわけではなく、若き日々の様々な瞬間をよんだ作品も数多く収録されています。


――――
ホチキスにみつしりと銀詰まりをりたまらずわれの犯す空撃ち
――――
うしろむきに歩いて花粉を回避する適当な世界の適当なわたし
――――
われのいかりは本を投げ捨て鉛筆を投げ捨てつひにわれを投げ捨つ
――――
うつくしくあなたがくれた花だけど液体窒素で凍らせて割る
――――
いつか死ぬあなたは死ぬと貝類を煮殺しながら泣くのだ俺は
――――


 なにげない風景にふと見つけ出した趣をうたう作品も。


――――
なんとなくうざかつた登場人物が落ちていくその崖に咲く花
――――
うつくしく雨は上辺を濡らすのに傘の内蔵なんだ我らは
――――
あはは、といへばうふふ、と返しさうな月、それがしかしだ、付いてくるんだ
――――
十本の脚に五本の腕は生え蟹走りして来るんだ闇は
――――
いちめんに月の光の畑にて顔があり顔はまなこ開けたり
――――
眼球の比喩の葡萄を剥きながらむきながら葡萄の比喩の眼球
――――


 そして言葉のおかしさ、猫の偉さ、という普遍的なテーマに挑んだ作品。


――――
言葉つて野蛮だけれど鎮魂のなかにちんこがあるのだけは好きだ
――――
無化、し無化し 或るところに悪 ぢいさんと 汚ばあさんが酢 んでゐました幸せ
――――
Unn(ウンウンウニウム)といふ元素もあるんだし細かいことは気にすんなつて
――――
魂(たま)といふ凄き名前をもつてゐるやばい奴だぜ猫つていふは
――――
蝋燭のやうに坐つてゐる猫を(火は点けないぜ)よけてゆく旅
――――





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。