So-net無料ブログ作成

『中国メディアの現場は何を伝えようとしているか 女性キャスターの苦悩と挑戦』(柴静:著、鈴木将久・河村昌子・杉村安幾子:翻訳) [読書(随筆)]

――――
 中央テレビ局は体制内メディアであり、現在でも多くの制約をかかえている。他方で、年々強まるばかりの経済原理も、別の面からテレビ業界に大きな制約を与えるようになっている。こうした中国のテレビ業界をめぐる大きな状況のもとで、ニュース評論部の意味が浮かび上がる。ニュース評論部は、いわば、体制内メディアと経済原理のはざまにおいて、かろうじて残る理想主義の灯火を守り続けていると言えるだろう。こうしたメディア人が、小数であるかもしれないが確実に存在し、しかも彼らの番組が残っていること、言い換えれば一定の視聴者がついていること、それが中国メディアの一側面である。
 本書に収録したインタビューで明確に述べているように、柴静氏は、まさにニュース評論部の価値観を体現している。正確に言うならば、本書は、ニュース評論部が指し示す理想主義を真摯に追い求め、試行錯誤しながらその理想に一歩一歩近づいていくプロセスをありのままに描き出したものである。
――――
単行本p.299


 中国中央テレビ局における人気報道番組は、何を追い求めてきたのか。看板キャスターが取材の過程で悩みながら真実を追求する姿をありのままに描いた傑作ノンフィクション。単行本(平凡社)出版は2014年4月です。


――――
 原書の構成は、やや独特である。基本的には、この十年間に柴静氏が取材した社会問題が記されている。ところが同時に、試行錯誤を繰り返しながらテレビの仕事を続けてきた彼女の成長の記録ともなっている。社会問題の記録と、一人のキャスターとしての成長の記録が交錯している点に、最大の特色がある。あえて二つの次元の記録を交錯させたことで、本書は凡百の類書とは異なるものになった。中国の社会問題は、表面的に不正を追及するのは容易だが、従来の枠組みで語っていると、往々にして正義と不正の二項対立に陥ってしまい、問題の襞に分け入ることが難しくなる。中国の社会問題を、現場の感覚に則して表現するためには、自分の語り方をつねに反省し、新たな語り方を模索し続ける必要がある。柴静氏は、そのような誠実な努力を続けるメディア人の一人である。だからこそ、彼女の試行錯誤を表現した本書は、中国の社会問題の複雑さを示したものになりえた。
――――
単行本p.7


 新型インフルエンザの猛威、子どもの連鎖自殺、同性愛者への迫害、家庭内暴力、環境問題、動物虐待動画拡散、歴史認識、災害現場、土地問題、若者の犯罪、社会通念へのアンチテーゼ。

 中国が抱えている(その多くは日本と共通している)様々な社会問題をテーマに、徹底取材で真実を掘り下げてゆく人気報道番組のキャスターが、放映できなかったシーケンスを含めて、取材の現場で起きていたことを語ってくれる本です。

 取材対象にどのように対応すべきか、どのような形で番組を構成するか、そして様々な「圧力」にどう対処するか。ジャーナリストとしての悩みや気付きも率直に書かれており、その強い使命感に心打たれます。まずは取材シーンの臨場感。


――――
「実はみんなSARSだった」
 患者たちは知らなかった。
「事情を知らないで、別の病気で点滴に来た人は?」
「仕方なかった。みんなここにいた」
 もしスタジオだったら、「どうしてそんな無責任なの」と、きっと問い質しただろう。でもその場に立って、話をする彼の、表情を失った従順な絶望を見たら、心臓が何かにつかまれたようで、喉が詰まった。彼と彼の同僚たちもそこにいたのだ。人民病院ではスタッフ93人が感染した。救急診療室では64人中24人が感染し、2人の医師が殉職した。(中略)人民病院の医師と看護師は、最も基本的な防護服すらない状況下で、中庭で20数人の患者に向き合っていたのだ。その数日間のことを訊いた。彼は答えた。「何日間も鏡を見ないでいた。後になってふと、髪が真っ白になっていることに気づいた」
――――
単行本p.45


――――
 彼はフラフラで、酔っていた。顔は汗まみれで、熱があるようだった。目は赤く腫れ、手は震えていた。
「どうしてこんなに飲むの?」私はちょっと責めるように言った。
「耐えられないんだ」。彼は大きく口を開けた。まるで肺の空気が足りないかのように、苦しそうに口で呼吸をし、力なく地面に倒れ込んだ。「あの血のにおいが……」
 聞き取れなかった。
「あの大きな岩の下に……」
 私は腰をかがめ、やっと聞き取った。「俺は助けるって言った。だけど動かせないんだ。俺は叫んだ。狂ったように力を振りしぼった。だけど動かせないんだ。柴静。あの子にアメを二つやることしかできなかったんだよ」。彼は顔をこちらに向けた。苦しさのあまり、顔面が鬱血しているようだった。自分の拳に歯を立て、こらえていた。
 私は彼の腕に手をのせ、軽く叩いた。
 突然、彼は空を仰いだ。喉の栓が抜けたかのように、泣き声が放たれた。
――――
単行本p.207


――――
 2006年に孝義市長に取材した。スーツを着た色白の市長は、あらゆる問題を市の是正処置として語った。私は尋ねた。「この街では重い代価を支払っています。避けられなかったのでしょうか?」
「代価は悲惨だ」。市長は答えた。
「避けられなかったのでしょうか?」私は尋ねた。
「代価は悲惨だ」。市長は繰り返した。
「避けられなかったのでしょうか?」私はもう一度尋ねた。
 市長は水を一口飲み、私を見つめた。「政府はコークス化に冷静に対処してきた。対策を取ってからは抑え込んでいる」
「それなら、違反プロジェクトが30以上もあるはずはないのではありませんか?」
「あの頃は熱狂的な投資家がやりたがったのだ、市場の形勢も良かった。だが我々は断固たる態度で臨んだ」
「断固たる態度で臨んだのなら、違反プロジェクトはゼロのはずです」
 彼はまた水を飲み、私たちはにらみ合った。
 番組は放送できなかった。
――――
単行本p.128


 こうした取材場面と並行して、著者による「つぶやき」のような言葉があちこちに挟み込まれています。これが印象的なのです。


「ニュース記者は、功利性を求めるべきではなく、歴史研究者あるいは文学研究者の視野を持たなければならないのです」(単行本p.25)

「私はそれまで、最後の論評は解答でなければならないと考えていた。スタジオというセットで、役を演じているかのように、「民主と法治の社会が一日も早く到来することを期待しましょう」などと話せば、けりがつくと思っていた。本当の世界がどういうものか知るまで、解答なしに番組を締めくくるなど、思いも寄らなかったのである」(単行本p.71)

「インタビューとは何だろう? インタビューとは命と命の往来で、自分をより深く知り、他人をより深く知ることだ」(単行本p.114)

「取材相手が記者に要求するのは、ただ公正であることなのだ。公正とは、その人の本来の姿を示すこと」(単行本p.155)

「私たちが番組制作時に犯しがちな過ちは、山の頂上まで登ったとたんに赤い旗を地面に挿し、頂上踏破を宣告することだ」(単行本p.159)

「寛容は道徳ではなく認識である。物事を深く認識しなければ、世界の複雑さを理解し思いやることはできない」(単行本p.191)

「メディアの役割は、物事を判断するのに必要な思考方式を提示してみせることであり、一人の人間を公敵に仕立て上げることではない」(単行本p.192)

「私たちは皆、自分が報道する世界と生活を分けようと努力する。でもいつも、自分がすでにその一部になっていることに気づくのだ」(単行本p.220)

「私が質問を導いているのではなく、ロジックが私を導いている。ロジックがチェーンを一つずつ噛み合わさせており、どのチェーンもはずせない」(単行本p.241)


 こうした言葉のひとつひとつが響きます。ぜひ日本の報道関係者にも読んで頂きたい。

 ただ、日本語版は原著を構成する20章のうち半分強の12章だけを選んで翻訳したものであり、しかも翻訳された各章についても「彼女の成長物語を描く部分は大きく割愛した」とあって、それが残念でなりません。全訳版を期待します。


[目次]

第一章 あの暖かい脈動は、生きている
【SARS報道】

第二章 双城の傷
【少年少女連続服毒事件】

第三章 水が水に溶けるように
【麻薬中毒患者や同性愛者への迫害】

第四章 沈黙の叫び
【ドメスティック・バイオレンス】

第五章 山西よ、山西
【開発と大気汚染】

第六章 ただ理解してほしいだけ
【猫殺し映像をネットに流した人々】

第七章 新と旧の間には恨みも衝突もない、ただ真と偽は大敵である
【唐山大地震と日中戦争】

第八章 事実はかくのごとし
【幻の河南トラ騒動】

第九章 真実には万鈞の重みがある
【四川大地震】

第十章 ロジックの鎖
【土地問題】

第十一章 無能の力
【教育ボランティアのドイツ人青年】

第十二章 時代の病
【若者の犯罪】



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。