SSブログ

『シルヴィ・ギエム ~限界への挑戦~ (Sur Le fil)』(NHK BS プレミアムシアター) [映像(コンテンポラリーダンス)]

 11月5日(土)23:30からの「NHK BS プレミアムシアター」では、グルジア国立バレエ日本公演『ロメオとジュリエット』およびクラシックドキュメンタリー『シルヴィ・ギエム ~限界の挑戦~』を放映してくれました。

 グルジア国立バレエの『ロメオとジュリエット』については、2010年6月4日のNHK教育『芸術劇場』で放映されたのと同じ映像(2010年3月12日、14日 ゆうぽうとホール(東京・五反田)にて収録された公演)なので省略します。詳しくは、2010年06月07日の日記を参照して下さい。

 『シルヴィ・ギエム ~限界への挑戦~ (Sur Le fil)』は、2009年2月26日にロンドンで世界初演された『女形』(ロベール・ルパージュ、ラッセル・マリファント、シルヴィ・ギエム)のメイキングを中心に、ギエムの姿を追った90分のドキュメンタリー作品。

 ロベール・ルパージュ、ラッセル・マリアントとのコラボレーションの様子が収録されています。三人でのアイデア出しの段階から、様々な試行錯誤、セリフや衣装デザインの選択、照明効果の確認などを経て、ついに本番をむかえるまでの「コンテンポラリーダンス作品の制作プロセス」を知ることが出来る貴重な映像です。

 特にナレーションやストーリーはなく、上記メイキング映像の間に、東京バレエ団との公演『白鳥の湖』と『ボレロ』、アクラム・カーンとの共演『聖なる怪物たち』、ラッセル・マリファントとの共演『PUSH』など様々な舞台映像、さらには東京やイタリアをはじめとしてあちこちを旅行するギエムの映像が散りばめられているという構成ですが、テンポよく進んでゆくため退屈することはありません。

 ギエムの声については日本語吹き替えになっていますが、必要に応じて(例えば舞台上のセリフなど)字幕付きの肉声にスムーズに切り替えており、日本語版の丁寧な作りには好感が持てます。

 というわけで、ギエムのファンは当然として、コンテンポラリーダンス作品の制作プロセスに興味がある方にもお勧めです。断片的ながら色々な公演のハイライトシーンを観ることが出来ますので、コンテンポラリーダンス入門としてもいいかも知れません。


『シルヴィ・ギエム ~限界への挑戦~ (Sur Le fil)』
11月5日(土)深夜放映

制作
  A Droite de la Lune
  ARTE France
  Sadler's Wells
  (フランス 2009年)

収録映像(公演の一部シーン)

  東京バレエ団『白鳥の湖』(2007年12月、東京文化会館にて収録)

  『聖なる怪物たち』(振付:アクラム・カーン)

  『PUSH』 (振付:ラッセル・マリファント)

  東京バレエ団『ボレロ』(振付:モーリス・ベジャール)

  『女形』(ロベール・ルパージュ、ラッセル・マリファント、シルヴィ・ギエム)
  2009年2月26日ロンドン世界初演


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0